カテゴリ:ファシリテーション( 41 )

【告知】自分らしい働き方を探しにリモートワークジャーニーへおいでませ

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

そんなわけで、こそこそ準備してたプロジェクト、リモートワークジャーニー を公開しました。
b0310463_07305062.jpg
リモートワークという言葉は結構ファジーな言葉だと思うので、
「興味はあるけど、今の仕事では無理だろうな…」とか、
「いいとは思うけど自分には関係ないな…」と思っている人が多いかと思います。

でも、そうやって線を置いてしまうと、欲しい未来に近づくことは決してありません。

「けど」と思う前に、「何がしたいのか」「それは本当に無理なのか」、
一緒に考えてみませんか?

人を幸せにするための技術がこれだけ発展した社会で、
人生の多くを占める部分を我慢しなくちゃいけない…
というのは悔しいな、とシステム屋のはしくれは思います。

特に、女性は我満する部分が多い傾向があると思うので、
もっと自由に、幸せを希求してほしいな、と女子のはしくれは思います。

そんなわけで、リモートワークを呼び水に、
自分らしい働き方を考えるフューチャーセッションツアーです♪

そう、ツアーなんです(; ・`д・´)

色々なところで沢山の出会いをして、働き方を変えるアクションを生み出していきたいという
想いだけをエンジンに船に乗っちゃいました!

お近くの会場で、僕と握手!我慢しない働き方をつくるための知恵を一緒に生み出しましょう(*'ω'*)



踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-03-05 07:44 | ファシリテーション

【徒然】見たことのない種、育てます

香魚@プロジェクト立ち上げ屋です。

入社したてでno valueだと悩んでいたり…ということもあり、
自分にできることは何だろう。強みは何だろう。
とか考えつつ、LionCafeさんの名刺作成ワークショップに参加してきました。

b0310463_19395270.jpg
自分の好きなことや嫌いなことの棚卸から、自分にとって大切なキーワードを抽出します。

私のキーワードは、こんな感じ。
  • 新しいことをする
  • プロジェクト立ち上げ
  • 内発的動機で人を動かす
  • 知ること
  • 未来の話
  • ファシリテーション

StrengthFinder結果の着想、収集心あたりが色濃く出てる感じがします。
まあ、強みを意識して行動しているから、
余計その望みが強くなっている気もするのでニワトリタマゴですが。
b0310463_19395398.jpg
そしてキーワードのつながりを絵にしていきますと、
なんとなくぶらぶら新しいことを探してきて、未来を妄想して、
仲間を作ってプロジェクトにするっていう流れが見えてきました。

すると…これって、すでに今やっていることだなー、と気づきました。

実は、物事を深められなかったり、一つのコミュニティに所属し続けられないことが悩みで、
仕事でも一つのプロジェクトを最後まで見届けたことがないことが
コンプレックスだったりしたのですが、
それが好きなことなんだから仕方がないんだな…なんて。

というわけで、そんな自分を見つめて出てきたフレーズが、
「見たことのない種、育てます。」

持続可能な社会につながる価値をうむために、
色々なところからアイデアの種を探してきて、
ワクワクするプロジェクトを立ち上げる人です。

…ということを宣言して、ワークショップを終了しました。

言ってみると不思議なもので、
システム開発プロジェクトの経験はもちろん、
はたかくゲリラをしていたことも、
社内メディアを立ち上げたことも、
女子会イベントを開いたことも、
貿易ゲームを開催したことも、
全部プロジェクト立ち上げ屋としての実績に思えてきます。

そんなわけでブログ名も変えて、
さっそくプロジェクト立ち上げ屋を名乗ることにしました(*´ω`)

ちなみに、ワークショップの後で癒しの恵さんとお茶する中で、
彼女と企画していた二枚目名刺イベントは女子仕事見本市という企画にブラッシュアップ!
こちらのプロジェクトもワクワクするものにしていきます♪

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-02-21 20:08 | ファシリテーション

【仕事】ノートの汚い元東大生だけど思考法とノート術について考えてみる

スナフキンさんが最近コンサル修行苦労中でちょっと心配な香魚です。

上司さんにとにかく駄目出しされている話を聞いて、「おれのやり方コピペ症候群」の感染者なのではと
密かに穿っていたのですが、丁寧に指導いただいている状況のようです。


<外資系コンサルのノート術>は本当に必要?

そんな指導の一つで、方眼ノートの使い方をレクチャーいただいたのだとか。
…あ、私、汚いノートだ(;・∀・)

元東大生なのにすみません。方眼ノート使ってなくてすみません。
いや、でも東大生はノート汚い人多かったですよ?
自分だけが理解すればいい自己中心的な人が多いってことかもですが。

まあ自虐は置いといて、要するに帰納的に考え、PREP法で説明しろってことですよね。
 帰納的思考法 :多くの観察事項(事実)から類似点をまとめ上げることで、結論を引き出す
 PREP法   :結論(Point)⇒理由(Reason)⇒例示(Example)⇒結論(Point)の順で説明する

一方で、観察事項を集めるための仮説を集めるためには、演繹的に考えることも必要です。
 演繹的思考法 :前提、ルールを重ねて結論(仮説)を引き出す

けれど、変動幅の大きいこれからの社会に必要なのは、今見える前提だけから考えるのではなく、
未来から逆算して考えるバックキャスティング思考がもっと重要になってくると思います。
 バックキャスティング思考法 :未来を予測するうえで、目標となるような状態・状況を想定し、そこから現在に立ち戻って”やるべきこと”を考えるやり方

つまり、その時々で適切な思考法を使える柔軟性が求められるのではないかな、と思うわけです。


未来思考に必要なのは<その時々で柔軟に使えるノート術>

その時々で適切な思考法を行うには、その時々で柔軟に使えるノート術が必要だろう、
ということで個人的にお気に入りなのが持ち歩けるホワイトボード、NUboard。
b0310463_09002485.jpg
なんせホワイトボードなので真っ白です。
自由です。
自分の好きなフレームで、何なら自分でフレーム考えて描いていけます。
イラスト思考もできます。
b0310463_09002459.jpg
A5サイズはプレゼンスライドのイメージ考えたりするのにもちょうどいいです♪

↓Amazonだとちょっとお安く買えるみたいです。↓
CANSAY ヌーボード  NSIPM3BK08 SHOT NOTEタイプ
欧文印刷 (2015-04-01)
売り上げランキング: 2,728

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2016-02-12 22:11 | ファシリテーション

【徒然】33歳のテーマは”自分らしさ”×”持続可能”

33歳誕生日、来月から転職、色々と節目な香魚です(*´ω`)

そんなわけで、新年に入ってまだひと月も立っていませんが、
改めて自分のミッションの言語化をば。
だって誕生日だから。
b0310463_21022736.jpg

ミッションとしたいテーマを一言で言うと何?

というのも、イノベーションファシリテーター仲間との勉強会などで、
イノベーションファシリテーターとしてのテーマ…なんて話になることがままあるのですが、
いつも説明に窮するんですよね。
間違いなく自分の中にある言葉なのだけど、全てを伝えきれない。
というか、長々しゃべるのではなく、ぴしっと一言で言いたい。

そんなことを一人で悶々と考える日々。

 自律分散型社会がいいと思う。
 それって自分の言葉で言うとどういうこと?
 一人ひとりが自分らしく、自分の意思で活動する…「自分らしさ」を大事にした社会だよね。
 でも決して「自分本位」ではなく、コミュニティとしての良い状態を志向する社会。
 それってどういうことだ?

もう一つうまく説明できず、悶々とする昨日。
誕生日になって、ふと降りてきました。
キーワードは「持続可能性」でした。


持続可能性を追求したい理由

私はIT業界で勤めていて、持続可能に見えない働き方を見てきました。
それをもっと持続可能な働き方にしていきたい…。
その個人レベルの想いが「IT業界をイキイキ職場に」というテーマにつながっています。

そしてふと社会を見ると、同じように持続可能に見えない社会の仕組みが沢山ありました。
そしてそれを持続可能にしようとしている変化の兆しも沢山ありました。

社会は持続可能性をあげるために仕組みを作り、組織を作っていくのでしょう。
高度経済成長の社会で持続可能性が高いと考えられたのは垂直型の組織、長時間労働のモデルだったのかもしれません。
でも、環境が変わった今、新しい持続可能な形を定義する必要性が出てきているのだと思います。

そう考えたとき、
人生において子供を産む予定がなくて(恐らく)、少しだけ賢しい自分が次世代に貢献するには、
彼らが暮らす新しい定義をデザインすることが求められるような気がしました。

だから、私はその新しい持続可能な社会を作りたい。
そしてそれは、恐らく多様性を生かすことにより小さく進化し続ける仕組みが鍵になると感じています。
つまり、
多様な「自分らしさ」を生かすことによる「持続可能性」の追求
これが私のテーマなんだ、と今は腹落ち。(そのうちまた違和感が出るかもですが)

「自分らしさ」はミクロ視点で「持続可能性」はマクロ視点に思えるので、
どちらにも関心があると何でもかんでもとりとめがない人に見えるかと思いますが、
自分の中では、多様な「自分らしさ」を生かすことによる「持続可能性」の追求というテーマでつながっているんです。
そういうことにしておこう。

というわけで33歳は「持続可能」をキーに徘徊します

というわけで、
 自分らしさを生かして持続可能な活動を行うためのモチベーション・スキル向上も
 社会的活動が持続可能になるための社会的投資のあり方追及も
 若い世代の未来まで社会を持続可能にするためのシルバーデモクラシーへの課題意識、世代間対話の追及も
 情熱を持続可能にするためのエネルギー源としての美味しいもの、素敵な舞台鑑賞も
全部関心を持ち、自分のテーマとして掲げる一年を過ごしたいと思います。

持続可能な未来へ
持続可能な未来へ
posted with amazlet at 16.01.25
ピーター センゲ ブライアン スミス ニーナ クラシュウィッツ ジョー ロー サラ シュリー
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 300,039

どこか一つでも引っかかった人、
また、こんなテーマの持続可能性はどうよ?なんて持ってきてくれる人、
是非語り合いましょう!

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-01-25 22:02 | ファシリテーション

【徒然】32歳最後の日はUの谷くぐってました。

あと数分で誕生日を迎える香魚です。

さようなら32歳。こんにちは33歳。
もうアラサーとは言えないでしょうか?気持ちはまだまだパラダイス銀河をローラースケートで駆け回っているつもりなのですが。。。


32歳最後の日の過ごし方
旅行に行くとか色々案もあったのですが、スナフキン多忙につき、普通の週末でした。
その代わり、イノファシ勉強会に参加できたので良かったもんね(´・ω・`)


読書会@英治出版
b0310463_23264329.jpg
昨年から概要だけは把握していたものの、まだきちんと挑めていなかった
U理論の読書会ということでわくわくしながら参加してきました。

読書会では、以下のポイントで「読書」を楽しみました。

・本を全部読もうとするのではなく、「問い」を立ててその問いに沿って答えを探す
・一人ひとりの答えを参加者同士でシェアすることで深めあう

一人でじっくり本と対話することを「問い」を意識することでぎゅっと圧縮し、
他の参加者の価値観との照らし合わせによる内省にまで至る…すごく効率的かつ心地のよい場だなと思いました!
今度他の本でもやってみたい♪


U理論はやっぱり難しい…けど、知りたい深めたい

一言で言うと、既存の状況に凝り固まった視野を手放して、
「今」と「未来」のあるがままを見つめることで新しい状況を生み出していく理論。

というのが、私は今日の読書会での理解です。
自分の今までの生活の中で、うまくいかなかったことやそこから変えていけたことなどを当てはめていくと
ああ、確かにUの谷をくぐっているなと感じるところがあり、
もっともっと深めていくと大きな変革を得られるのでは。。。という期待値を持っています。
それを皆で協調して実現するためにも、私は理論を理解してファシリテートできるようになりたい。
…というわけで、分厚い本家を頑張って読もうと思います。

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
C オットー シャーマー C Otto Scharmer
英治出版
売り上げランキング: 25,648

自分の経験と理論を紐づけたり、小さなアクションを考える目的なら、
まさにそういうシチュエーションで描かれたマンガ版もおすすめです。

マンガでやさしくわかるU理論
中土井 僚
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 3,501


さあ、明日からは33歳だ!
b0310463_23264336.jpg
頑張ります( `ー´)ノ



踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-01-24 23:51 | ファシリテーション

【企画】退職したら色々企画が降ってきた!

退職するときに挨拶しに行った後輩に
「またイベントとかやるんですか?楽しみにしてます!」
と言われ、真に受けている香魚です。

昨年は結構色々やった

その合間には、IT×女子対話会もやってました。
締めくくりは、貿易ゲーム会

後半はイノファシ講座もあって、ビジネス視点の場づくりが多くなっていました。
前半の「個人」目線はこのまま少なくなるかなーと思ってたけど。。。


今年は間をつなごう

結局去年のイベントは「個人」が「楽しい」で終わっちゃってたので、
「楽しい」をきっかけに他のレイヤーに目を向けるところまではデザインしきれてませんでした。
また、ビジネス視点も今いるレイヤーでの対話にとどまっていたかと。
b0310463_23380829.png
というわけで、今年のテーマは、レイヤーをまたがって掘り下げるイベントをやる!ということ。

そんなことを考えながら色々な人と話していたら、
「名刺テーマのワークショップ(個人スタートから掘り下げる場)」
「7つの習慣ボードゲーム会(個人スタートから掘り下げる場)」
「リモートチームテーマのフューチャーセッション(企業スタートから掘り下げる場)」
などの企画が動き始めてきましたよ!

退職という環境変化を良い流れとして、良い企画にしたいと思います!
興味ある人は声かけください~♪


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-01-17 23:57 | ファシリテーション

【ファシリテーション】自分の中の多層を知った2015年を経て、社会4.0に向けたエレベーターを作る2016年へ

紅白を見ながらこんばんは、香魚です。

私の2015年の振り返りと2016年の抱負を。


私という個人を構成する層
b0310463_22235200.png
私という個人の中にある多層。
私企業の一員として話すときもあれば、日本人としての自意識を話すときもある。
23区最下層の北区民として猫と戯れたり、地球の引力に惹かれた人間として空を見上げたり。
自分の中にあるこの多層。
2015年は、うさきたサロンで政治を学んでみたり、社会企業家のスピーチを聞く機会に出かけてみたり、
自身の中にある多層の存在に気づき、広げていく一年でした。

そしてFAJでファシリテーションを学んだり、イノベーションファシリテーター講座で仲間を得たり、
自分の中の階層を表現する術を学んだ一年でもありました。

ある一瞬一瞬では、いずれかのどの層に降りて話をしている気がするけれど、
実際にはこのすべてが自分。このすべてに自分は責任があり、すべてを変えていける可能性持っている。

そんな確信を得るに至った一年。

社会4.0とは

社会4.0というのは、多くの人がこの階層を意識的に切り替え、
表層の問題のさらに奥の階層で意識を共有していく社会なのかと思っています。

アセンションしたり、デセンションしたり、意識のエレベーターを自在に操り、
深い階層での共感を常に持ちながら個としてのアクションを起こす人々が主導する社会。

というわけで、私がこれからやりたいことは
皆の心にエレベーターを作っていくことだな、と感じています。
軌道エレベーター施工師になりたい。






にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-12-31 23:04 | ファシリテーション

【ファシリテーション】はたかくゲリラ的貿易ゲームやってみたった

アイデアを考えたり、実現したりすることが好き…だけど、
「実行しよう!」というときの声を上げるのは苦手な香魚です。
お膳立てして、誰かが言ってくれるのを待ってみたり、
誰かが「やりたい」と言うのに乗っかってみたり…。
そういう自分も変えたいと思って、徐々にトレーニングはしつつも、
2015年は「やりたい」と言ってくれるパートナーを見つけて一緒に走らせてもらった一年でした。
(癒しの恵さんしかり、一緒にはたかくゲリラのランチミーティングやってくれた先輩しかり)

そしてそんな2015年ラストのイベントはまさにそんな形で
一緒にi-businessさんの貿易ゲームに参加した友人をパートナーに迎えて、
自分たちで貿易ゲーム開催してみました。

9割SEの静かなコミュニケーションゲーム会

基本社内イベント、ただしゲームとしての気づきを深めるために社外の人も招きたい…と思っていたのですが
日程のまずさか、私の人脈の限界か、9割社内…つまりシステムエンジニアのコミュニケーション会でした。
さらに運営側のこなれていない感もあり、まあ大人しいなー!という会でしたね!
皆周り見ていない。
なんとかしてやろうという気迫がない。(←これは、運営側の問題もあるんだけど)
後半段々と盛り上がってはいきましたが、そのスピード感の遅さに、問題意識は持てていたのだろうか?

この1年、ちゅうつねやイノファシ、うさきた政治サロン、社会企業家のスピーチ会など、
色々な場に行って、強く感じていることとして、人は環境の影響を受ける…ということがあります。

周りが皆おっとりしているとその危機感を感じないかもしれない。
けれど、ふと隣に目を向けると、ほとんど自分と同じスキル・リソースからスタートして
まったく異なるアプローチで世界を切り開いている人がいる。

そのこと自体に是非はありません。
けれど、自分はそのことを知った上で自分のあり方をデザインできているのか?
そんな問いを投げたかったけれど、うまく言葉になりませんでした。

ファシリテーターとして

問を言葉にできない、ファシリテーターとしてのスキルレベルがまだまだ…と反省。
また、今回ファシリテーター3人体制で挑んだので、
ファシリテーターとしてのあり方を色々見せあえて、考えさせられました。

広い場をホールドする力、問いかける力、自分のメッセージを伝える力。
ファシリテーターには色々な力が必要で、そのための手法と状況を紐づけて表現していく力を磨いていきたいなーと思いました。
そして、言葉に出来なかった問いも、来年に持ち越して引き続き検討。

来年こそは…

参加者アンケートで皆の関心のあるテーマを聞いて、何人かに回答いただけたので
それを大事な材料に今後の問を考えていきたいです。
次につなげる材料を拾えた具合では、今年開催したイベントの中で一番目標達成できたので、
最後に良いイベントができたなーと思います。
パートナーと参加者に感謝感激雨嵐。

というわけで、来年のやる予定リスト。
 ・ビジネススキル系の読書会(東洋思想)
 ・リモートチームをテーマにしたセッション
 ・あえて女性の働き方を考えてみようセッション
 ・7つの習慣のゲーム会

選挙のタイミングで政治初心者同志でちゃんと考えてみる会とかもやりたいなー。
来年のことを言うと鬼が笑うけど、夢は大きく!




by ayuhatty | 2015-12-26 20:54 | ファシリテーション

【ファシリテーション】暗黙知が形式知になる気持ちよさを伝えるためにはどうしたらいいんだろうね

先日のエントリはぶっちゃけ過ぎたろうか…と思いつつ、
再びはたかくゲリラ/ファシリテーターの葛藤をぶちまける香魚です。

とにかく何かを生み出さない会議というものにイライラします。
いつだったか野村先生が「ファシリテーターのいない会議にはもはや耐えられない」
みたいなことを仰っていましたが本当にそう。
逆になんで皆この非生産性に気持ち悪さを感じないのか不思議で仕方がない。

「2時間半議論するといらいらするなー。怒りっぽくなる。」なんて言いながら
「皆さん意見がない」と笑う皆さん。
それを本当に「意見がない」と思っているのか不思議で仕方がない。

「短時間で建設的な意見が出ない」と「意見がない」のは違いますよね?

短時間で建設的な意見を出してもらいたいならそれなりの場の設計が必要で、
暗黙知が浮かびあがる瞬間を辛抱強く探し、
兆しを見つけたら拾い上げ、形式知へと導いていかなければいけない。

難しいけれど、だからこそ得られるものはとても大きい。
それができたときには、本当に気持ちいい。

やっぱり、皆さんその気持ちよさをご存じないのかなー。

…とここで独り言ちる私も、自分の場を安心・安全の場にできない落伍者ですな。

その瞬間の気持ちよさを感じてもらえるように、その瞬間を作りたいと思ってもらえるように
まずは自分の研鑽を積みまする。。。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-12-21 23:27 | ファシリテーション

【ファシリテーション】未確認ファシリテーター問題 #fsAD

こんばんは、専業ファシリテーターじゃないけど、自分はファシリテーターだと思っている香魚です。
そんなわけで、今日のエントリは「ファシリテーター」についてブログを描く
「ファシリテーター Advent Calendar 2015」に参加させていただいています。

私はファシリテーターとしてお金をもらう活動は今のところしていないけど、
ファシリテーションを道具として、チームの促進に挑んでいるので、ファシリテーターを自称します。
開発現場にいたときは、プロジェクトのキックオフ、課題ミーティング、ふりかえりミーティング…等々
チャンスを見つけたところからファシリテーターっぽく振る舞うことからスタート。

「やっぱりファシリテーションはいいものですね♪」…なーんて、思っていたのですが、
今年の春に経営企画部に異動してからは一転。
ファシリテーションが必要な場に、ファシリテーターでありたい人間がいるのに、
ファシリタティブに動けない苦しさに悩まされています。

ファシリテーターのいない経営会議

場が盛り上がりかけるも誰もボールを拾わず、失速していく経営会議。
漠然としていながらも本質に迫るきっかけになりそうな意見が出るも、「それはともかく」と流されて、本質から離れていく経営会議。
そして何が決まったのか誰が玉を持っているのかなんとなくあいまいなまま終わる経営会議。
意見を促す場の工夫を何もしていないのに、皆意見がないんだとシニカルに語られる経営会議。

誰か、私に10歳くらい歳をとる魔法をちょうだい!ミンキーモモ的な奴!
そして、あの中に放り込んでファシらせて!

実際には魔法の力に頼らず、生身の自分で突入するのも辞さない…と、
議論を構造化したものを見せて、「リアルタイムでこういうのやりませんか?」と提案したり、
経営ビジョンを策定する特に重要な会議には「プロのファシリテーターを呼びませんか?」と提案したりしたのですが
「そういうのどうせ大したことないから」
「社長とか副社長とかの方がよっぽどすごいから」
と歯牙にもかけられず。

…というか、ファシリテーターなめんなw
あ、言葉が乱れちゃった♪
言葉が乱れちゃうくらい、ファシリテーターの価値が低くみられていることに憤慨しているわけです。

何故ファシリテーターの価値が低くみられている?

ファシリテーター=仕切る人=偉い人という連想に支配されてしまっているとか?
それなら「社長の方がすごい」という発言の言いたいこともなんとなく分かるかもしれません。

もしくは、どこかで出会ったファシリテーターがたまたま残念なスキルだったとか?
そういうこともあるかもしれませんが、どんな世界でもスキル差はあるものなので、
それで全てのファシリテーターに絶望しないでほしいなあ。。。

総じて、暗黙知を集合知にしていく場の経験をしていないか、
経験していてもそれをファシリテーションというスキルと結び付けて実感していないんでしょうね。

ふりかえれば、自分もそうでした。
だから未確認ファシリテーターを探しに、FAJの門をくぐったのでした。。。

どうやってファシリテーターの価値を上げる?

とはいえ、ファシリテーターもいつまでも未確認のままではいられません。
正統に市場に評価されるためには、まず認知してもらわなければ。

たぶん、ファシリテーターの要素全てを備えてはいなくても、
要素要素でファシリテーターっぽい天然ファシリテーターがいると思うので、
彼らを捕獲することがカギのような気がします。

で、彼らに「君はファシリテーターだ!」と洗脳する。自認してもらうところから始めましょう。

そんな人たちが開く場は、きっと集合知に通じる瞬間があるので
参加した人たちが満足げなところを見計らって、
「いやあファシリテーションっていいものですね」としたり顔で言ってもらいましょう。

「でも僕は自己流なんで…。ファシリテーターの人たちがやるともっとすごいかもですね」

そんな風に、ちょっとずつファシリテーターへの期待値を上げていくのはいかがでしょう。
残念会議の撲滅を目指して!

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-12-19 00:08 | ファシリテーション

こじらせながらも楽しく生きてるプロジェクトファシリテーター♀の元気の種を語るブログです


by 香魚(あゆ)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る