カテゴリ:徒然( 79 )

こじらせてるのはこの人です

情報システムサービス産業畑出身プロジェクト屋さんです。
このブログでは趣味の食べ歩きやミュージカルネタなどについてつぶやきます。

プロジェクトに関すること、ファシリテーション、ワークショップについてなどは別サイトで取り扱っておりますので、よろしければご覧ください。




by ayuhatty | 2019-12-31 23:59 | 徒然

【徒然】幸福の物差しは一人ひとり違うので

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

地方創生やらファシリテーションやら、好きなことぷらぷらやっている私ですが、もうアラサーとも呼べない年齢の女性なので、タラㇾバ娘に「おぉう(;´Д`)」となったり、あやにーさんの正直すぎる言葉に血を吐いたりするわけです。

そんな折、同年代の男性の友人の自宅にお呼ばれ。
家主夫妻と家主の友人夫妻はどちらも若い奥様に赤ちゃんを抱いて、ああ幸福な家族の肖像という感じ。
何故だろう、私や独身の女性はそれを羨ましい、というテンションで接してしまいます。

「幸せだなあ、素敵だなあ」とは思うけど、本当に羨ましいと思っているわけではない気がするのだけど。

仕事に対する姿勢とか、社会に関する関わり方とか、トータルで考えたときにその「幸福な家族の肖像」に置き換わりたいとは決して思わないのだけど。

でも自らマウンティングされてしまう、へりくだってしまう。
この業は何なんでしょう。

「幸福な家族の肖像」がピンと来ないからと言って、美食の限りを尽くす港区女子でもないわけで。

じゃあそんな私の幸福はどこにあるのかというと
b0310463_22311787.jpg
玉こんにゃくとおこわとビールでお花見。

きゃっきゃうふふ(*´ω`*)なリア充な絵面でも、キラキラした世界でもないけれど、ぼんやりと陽だまりの中で素朴に美味しいものとお酒。
そこで、これからこんな話をしよう、あれをやってみよう、そんなことを考えるのが幸福なのかなぁと思う今日この頃。
b0310463_22311847.jpg
とは言いつつ、自分の中の物差しも複数あるので、やっぱり羨ましかったり苦しくなったりするんですけどね(´・ω・`)

でも大事にしたい物差しが分かっていて、それを増やしていくことに力を入れていきたいなーと思います。
大事にしたい物差しが変わったらそのとき自分が変わればいいんでないのかな。


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2017-04-02 23:53 | 徒然

【生活に彩を】大切な友達には一点ものを贈りたいときのハンドメイドクリエイトマーケット

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

最近周囲のお友達が続々出産ラッシュなので、お子様方皆になつかれちゃうぞプロジェクトをひっそり立ち上げ中( `ー´)ノ
特に、自分が子供のころに祖母の友人の方が毎年クリスマスにチョコレートを贈ってくださっていたのが、とても嬉しくて今でも心が温かくなる思い出なので、私もそんな素敵な存在になりたいと思っているのです。

そんなわけで、昨年12月は初めてのクリスマスを迎える友人の息子さんへのプレゼントを必死に考えてました。
正直、彼氏のプレゼントより真剣に考えたよね!

できれば来年以降も贈り続けることも考えて、テーマ性を持たせたい。
…と考えると、継続しやすく私の贈りたいもの…やはり「本」だろうか。
でも0歳児じゃ読めないし。。。
というか食べられちゃうし。。。

そんな風に考えた末に、浮かんだのが「布絵本」

b0310463_23282106.jpg
その通り布で出来た絵本です。
布でできているので、おしゃぶりされちゃっても大丈夫♪
b0310463_23282246.jpg
というわけで、布絵本で楽天検索かけたりもしたのですが、立派なものが多く、結構お値段がはります。。。
もう少しカジュアルでいいんだけどな~。。。
それに、1stクリスマスプレゼントは既製品よりもどこか暖かいものがいい…と思って、ふと思いついたのがハンドメイドマーケットのサービスです。
クリエイターの皆さんなら、きっと1stクリスマスプレゼントにふさわしい素敵な布絵本を出品されているはず!

というわけで、さっそくWEBハンドメイドマーケットをリサーチ。
有名どころはminneとCreemaですね。

個人的にminneは可愛らしいテイストの作家さんが多い気がします。

Creemaはセンスがよくて、大人向けのプレゼント選びによさそうなイメージ。

というわけで、今回は可愛らしさ重視でminneで布絵本を出品されているクリエイターさんを探してみました。
何人か出品されている中で、可愛らしさとコスト感覚がちょうどよい感じで、すごく惚れこんでしまったのがmocicafeさん♪
とっても可愛らしい作品が沢山で、眺めているだけで幸せな気分になります(*'ω'*)
さらに、作品に名前の刺繍を入れてくれたり、プレゼント用に可愛らしくラッピングしてくださったりと、お取引の間の対応もとても親切にしてくださいました。
贈る側としても、とても楽しいクリスマス体験をさせていただきました♪

さーて、今年はどうやってお子達を懐かせようかな!


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2017-01-08 19:27 | 徒然

【ご挨拶】1年の抱負を手持ちの本三冊で表現する遊び

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

この二年は年末に「~~~辞めました」とすっきりして年始に目標を立てるのが続いていましたが、2017年の幕開けは色々と立て込みまして、常ならぬドタバタした年末年始を過ごしております。

とはいえ、やはり年末は色々考えるので「~~~辞めました」は少しずれこんで発生するかもしれません。
恒例のやりたいことリストもつくりたい。

が、それを待っていると遅くなってしまうので、とりあえず走り出すための自分プロジェクトの方向付けだけしておくことに。


というわけで、簡単な方針付け設定方法

  1. 本棚を眺めます
  2. 今年はこれだな…と思う3冊を選びます
  3. 3冊を関連付けて説明するストーリーを作ってみます

最近はkindle購入が増えてきてしまったので選べない本も結構あるものの、それでも本棚には自分が写るもの。
本棚から方針を抽出することは、多くの想いから今年尖らせたいものを選ぶ行為に他ならない…かもしれないw
適当ですが、やってる本人は大まじめです(*´ω`)

というわけで、今年の三冊はこちら。
b0310463_23081525.jpg
テクノロジーを活用して人と人のつながりをデザインしていく中でよいアイデア、新しい仕組みを広げていけるというソーシャル物理学。
自分たちなりに咀嚼して、新しい価値を広めていきたい。
電子版でも持ってるんだけど間違えて紙媒体購入してしまった地方創生大全w
広めたい価値は、地方から作りたい。
地方にソーシャル物理学を持ち込みたい。
そしてそれをビジネスモデルに昇華したい。
ということで先人に学ぼうビジネスモデル全史。

まとめると、つながりのデザインにテクノロジーを活用して、地方をつなげて価値をつくるビジネスモデルを確立したい。

…お、なんかそれっぽくまとまりましたね( `ー´)ノ

ちなみに去年を3冊で表すとこんな感じ。
b0310463_23082212.jpg
リモートチームという考え方で、私たちの在り方はもっと自由になれる、もっとらしくありたいと方向づけられました。
そして自分たちがありたいように仕組みを創っていくというエンジニアマインドもインプット。
何より、リモートワークジャーニーという活動につながり、沢山の素晴らしい出会いと刺激をいただきました。

暗黙知を豊かな「言葉」としてデザインするパターンランゲージを知り、つながりのデザインの可能性にワクワクしました。
抽象的なコンテクストと、テクノロジーによる可視化をつなぎ合わせていったら、私たちはもっとらしくを分かり合える、名付けえぬ質に満ちた世界になるのではないだろうか。
そんな妄想がモチベーションになりました。
一方、仕事では1週回って「事務局力」が大事だなと立ち返りました。
偉そうに人に薦めておきながら、全然できていないことが多いので読み返しています。
今年はこれを読んでくれた後輩と一緒に仕事を進めていくので、事務局力を極めたいと思います。


と、そんな2017年の方針と2016年ぷち振り返りを経て、月並みですが今年も自分らしく進んでいこうと決意を新たにしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2017-01-03 08:17 | 徒然

【地方で素敵に】市場で海鮮丼ほおばりながら考える地域活性

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

少し前の話ですが、東京都の一大プロジェクトであるところの築地場外市場に行ってきました。
すると…日曜にも拘わらず、激しい混み具合( ゚Д゚)
ゆっくりお店を選ぶ余裕もありません。
結局適当なお店で海鮮丼をいただきました。

…というと、とても残念な印象に聞こえてしまいますが、けれどこの「混む」ことが築地の価値なのだと思います。
集積していることに意味がある。
集積することで生まれる活気。
それに惹かれて人が集まることによる経済の動き。
多様な客層に対応するために広がる店舗のバラエティ。(質の不均一も含め)
だから築地はそれでいい。

逆にとらえると、「集積しないこと」にも意味があるのでは?

そう考えて頭に浮かぶのは、地方の市場です。
悪く言えばすいている、だからこそのんびり見て回れる雰囲気。
それに惹かれて集まる人がじっくり選んで、購入することによる満足感の醸成。
バラエティに富んではいないかもしれないが、味わい深い統一性のある空気とその中にしみじみと浮かび上がる各店の個性。

例えば、釧路・和商市場の勝手丼!


b0310463_20211679.jpg

ご飯を買って、店舗を回って好きなネタを載せていくという楽しみ方ができるので、↑のようにエビにツブ貝に雲丹様に…!と胸ときめく一皿が出来上がります(^^)/
ライスの盛りも選べるので、お腹のすき具合に合わせて楽しめます。
ライス小盛でネタ沢山!な贅沢パターンもできます。
b0310463_20275414.jpg
意外と、お店によってネタが違って面白いんですよね。
そして、お店の方の呼び込みスキルの差も楽しい♪


b0310463_20275682.jpg
今年の市場記憶でダントツに楽しい思い出でした。
福岡の長浜鮮魚市場もゆっくり回れて、感動の鮮度の烏賊丼に感動したなぁ~。。。
名物のゴマサバも堪能できました。

b0310463_20211787.jpg

地方活性を考える時、どうやって人を呼ぶかという話になりがちです。
でも、集まっていないからの価値が確かにあると思うので、それを踏まえて新しい価値のあり方を設計していきたいものです。

…と思いながら海鮮丼をほおばる私でした(*´ω`)




踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-12-23 09:51 | 徒然

【徒然】おもてなしの気持ちとイラストにあふれた結婚式

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

東京結婚式明細じゃないけれど、結婚式/披露宴に何回か出席すると、なんとなく流れもわかるし色々比べてしまったりすることも…。
そんな中、今日出席させていただいたイノベーションファシリテーター仲間の結婚パーティは、オリジナリティと温かいおもてなしにあふれた、とてもファシリテーターらしい場でした。
b0310463_23435338.jpg
まんが教育という活動をされているお二人のパーティだけに、お二人からのイラストのプレゼントがたくさん!
こんなに可愛く描いていただいて恐縮です(*´ω`)
b0310463_23435489.jpg
イノベーションファシリテーター仲間からの余興はプチフューチャーセッション。
会場の皆さんで2020年までにやりたいことについて対話していただき、「新郎新婦が2020年までにやりたいこと」としてプレゼントさせていただきました。
ここでもイラストは雰囲気を伝える重要なファクターになってます!

b0310463_23435567.jpg
そして、もう一つイノベーションファシリテーター仲間からのプレゼントとして、オリジナル絵本を用意。
b0310463_23435660.jpg
普段みんなに絵を描いてくれる二人だからこそ、二人のための絵本を贈りたくて、仲間に協力いただいてオリジナル絵本を作成しました。
これまで、一部文章だけを書きかえるタイプのオリジナル絵本はチャレンジしたことがあったけれど、完全オリジナルは初…。
メッセンジャーの打ち合わせで完成に至ったのは、イノファシ仲間だからこその、まさにクイックプロトタイピング(^^)/


イラスト、という媒介を通じて、皆の想いが交換されるとても素敵な場でした。
私もいつかそんな場を作りたいものです~。


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-09-05 00:01 | 徒然

【徒然考】こんなことやっていいのだろうかという恐れに打ち勝つ方法

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

…という名のもとに、色々好き勝手やっている今日この頃。
本業でも、転職したてでお作法を知らなくて当たり前、というのをいいことに
思ったことはとりあえずやってみる口にしてみるという振る舞いをしています。

そんなんなんで、心臓に毛が生えているように思われるかもしれませんが、
意外とそうでもありません。

蚤の心臓です。

実はいつも「こんなことやっていいいのだろうか?」という恐れと戦っていたりします。
b0310463_01475119.jpg
ある程度関係性ができてきた場だと、その恐れは少なくなっていきますが
今は関係性を構築中の段階なので、正直なところ、全ての場においてこの恐れが現れます。


過去の経験から駆動力を得る

それでも、その恐れを受け止めながら、進むことができているのは
恐れに従って口をつぐんだ時の自己嫌悪と、
恐れを超えて行動して失敗しても笑えた経験と、
恐れを超えて行動して小さい小さい成功を得た経験があるからだと思っています。

やらないことへの後悔や、やった結果の成功体験が大事なのは
言うまでもないですが、意外と大事なのは失敗の経験のような気がします。

恐れって、結局ほとんどが失敗への恐れ。
でも、失敗しても別に死ぬわけじゃない…そう思えるのは、
転ぶ練習ができていたから。
イノファシ講座で「転んで来い」と言われて、
小さく転ぶ経験をいくつかしたことで自分の中で転ぶ覚悟が
培われてきているように感じています。


未来への覚悟から駆動力を得る

そしてもう一つ、それを行った先にあるものを本当にほしいかどうかを考えること。

本当に欲しいなら、「まだ早いような気がする」なんて言っている暇はないはず。
本当に欲しいなら、「いつかやる」それを今やらない理由なんてないはず。

そう自分自身の想いを覚悟に変えることで、
「やってもいい」かはわからなくても
「やらなくては駄目だ」という想いを得ることができます。


最後は、空気を読まない、正解を探さない

多分、自分が「こんなことやっていいのだろうか?」と思っているときは
近くにそう思っている人がいるでしょう。
自分の行動はその人を不快にさせていて、そんな空気が生まれているのかもしれません。

けれど、過去と未来から自分の想いが固まっているのであれば
あえて空気をよむのをやめてみましょう。
別に、空気をよむことでより良い結果、正解にたどり着く保障なんてない。
そもそも、正解なんてないのかもしれないのだから。



…なんて、頭では考えつつも、次の冒険は大きいので、
恐れもいつもより大きく、正直ビビっている真っ最中の私なのですが(; ・`д・´)

でもどんな結果になっても、それはまた次の冒険への糧になるということで、
この恐れと共に前進あるのみです。

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-03-01 23:36 | 徒然

【持続的な社会考】つながっていく世界にITとファシリテーションでどう貢献していこうか物思う

持続的な社会を探求したい香魚です。

そんなわけで、リモートワークが広がる世界の妄想の続き。

昨年のワールドカフェ20周年イベント
(オンラインで日本中をつないでワールドカフェを行ったイベント)に関して
ファシリテーション協会会長の平井さんが仰っておられることに
非常に共感したので、ニューズレターより引用させていただきます。

 ===引用ここから===

  遠隔地の距離を超える通信技術はどんどん進化するでしょう。
  そうなると、まず①参加者が回線でつながること、
  つまりリアルの場合で言えば、会場までたどりつくことへのサポートが必要です。
  それから②アプリの使い方などのサポート。
  そして③オンラインでのコミュニケーションを促進するファシリテーション技術です。

  これらが一体となったノウハウが必要なのに技術の進歩ばかりで
  運営ノウハウが置き去りになる可能性があります。
  グローバル化、高齢化、地方の衰退などが課題となる今、
  物理的距離を超えたコミュニケーションの促進と、
  そこから知恵を作りだすことへの支援が求められているということは、
  全国的なネットワーク型組織としてのFAJの可能性を垣間見た気がします。

 ===引用ここまで===

SonicGarden社の事例では、Remotyといったツールで①②を保障し、
コミュニケーションできる仲間を選ぶことで③を乗り越えていたと思います。

一方で、リモートワークが進展していけば、
コミュニケーションスキルが高くない人にもその影響が及んでいくでしょう。

そうなったときに、隔絶を生み出すのではなく、
つながりあい理解しあうことを促進するファシリテーションの価値が増します。

そのために、私はIT×ファシリテーションを考えていきたいなと思っています。
テクノロジーを活用して人間がファシリテーションするのか、
ファシリテーション効果を発揮するテクノロジーを生み出すのか
あるいはその両方かもしれません。

テクノロジーの力で、今までつながれなかった人とつながれる。
今まで理解しあえなかった人と理解しあえる。
そうして、今まで生まれなかった価値を生み出せる。
そんなことに貢献出来たら、IT業界のはしくれにいる人間としてこんなにワクワクすることはないですよね!

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-02-02 23:43 | 徒然

【生活に彩を】パーソナルカラー診断で自分マーケティング~新生活をらしい自分で迎えるプロジェクト

新しい環境では自分の強みとか自分らしさを持続的に発揮していきたい!と思う香魚です。

そんなわけで、自分を知ろう、生かそう…という一環で、パーソナルカラー診断を受けに行ってきました。
30前後の女性四人でお邪魔したので、先生も加えて姦しい+2って感じでワイワイ楽しく盛り上がりながら、
自己分析+他己分析の時間を過ごしました。(女友達ならではの率直なフィードバックありがたい…)


パーソナルカラー診断

肌の色に様々な色の布を当てて、その見え方から春夏秋冬4つのタイプに診断してくれます。
私は「春」ということで、↓の写真のような色合いが肌に合うということでした。
b0310463_09211911.jpg
普段はもう少し落ち着いた色(冬色)を好んで身につけていたのですが、それだとくすんで見えるみたい。。。
たしかに比較すると明るさが全然違いました(;・∀・)


骨格診断

こちらも体の骨格を春夏秋冬に診断してくれます。
私の骨格は「夏」らしく、「春」カラーと合わせると↓のようなコーディネートにがおすすめだとか。
b0310463_09212071.jpg
服の形は元々の好みと合致していますが、やっぱり色が…派手すぎないか?と思ってしまいます。。。
そう思うのは自分だけなのかな。。。
そして、合わない色を身に着けると、安っぽく見えるのだとか。
もしや、今まで安っぽく見えていたのでしょうか(;´・ω・)


メイク実習で効果確認

診断結果を元に、パーソナルカラーでメイクをしてもらえます。
b0310463_09212010.jpg
ここで一緒に受けている友達からの率直フィードバック炸裂(*´ω`)
物理的にも感情的にも少し離れて見てくれることで、「人からどう見えるのか」ということを確認できてありがたいです。


おまけ?のタロット占い
b0310463_00225523.jpg
ここまででも盛り沢山なのに、「おまけでタロット占いもできますけど…」って、
勿論オマケしていただきましたとも!

「転職するので…」と仕事運を占ってもらったら、かなり良いカードが出て嬉しかったです。
特に、転職の動機とか深い話はしていないのに、「収入だけじゃない、ミッション的な部分で豊かになる」って
自分の重視したい点に触れたメッセージをいただけたことに感動しました。。。


客観的情報を知って自分マーケティング

こんなにてんこ盛りで3000円ってかなりお得な体験でした!

パーソナルカラーも骨格も占いも、言われたからってすべて受け入れるというものではなく
あくまで自分で判断するための参考でしかありません。
いくら似合うって言われても心底嫌いなものは身につけられないし、
似合わなくても着たいものは着たいですものね。
そこを偽るとそれはそれでストレスになっちゃうそうです。

でも、客観的に見た情報を把握した上で、自分をどうデザインしていくかということを考えられると、
自分の可能性が広がっていくように思います。
ファシリテーターとして信頼感を与えたいときはパーソナルカラーを意識して、
完全にオフの日は自分の好きな色に包まれてみる…などの使い分けとか♪

そんな自分マーケティングが気になる方は是非サロンを訪れてみてください!
踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-01-31 07:59 | 徒然

【徒然】文具好きなビジネスパーソンはG.Itoya・K.Itoyaに行くと小一時間でクリエイティブになれる…気がする

サステナブルでクリエイティブでイノベーティブなビジネスをしたい香魚です。
あ、舌噛んだw

さて、そんな痛いビジネスパーソンにも、本当にクリテイティブナビジネスパーソンにも
必要なものといえば、文具。
私も結構文具好きだったりします。

そんな私が、銀座をふらふらしているときに吸い込まれたのが
伊東屋の新本店G.Itoyaと、大人の隠れ家K.Itoya。

こんな文具を取り入れたらサステナブルでクリエイティブでイノベーティブなビジネスパーソンになれそうだなーと思ったので、ご紹介♪


何でGなのかはわからないが、文具をどう使うかを提案してくれるG.Itoya
b0310463_15104153.jpg
入口から、「私だけの」感を煽ってくれます。
on my ownですね。

文具をただ売るのではなく、どこで、どうやって文具を使うのか…そのストーリー込みで
売ってくれるようなお店作りになっていました。
b0310463_15104276.jpg
ファシリテーターとしてはまず気になるミーティング。
でも内容は手帳、レポート用紙、ルーズリーフ、バインダー、かろうじてプレゼン用品…といった感じで、あまりピンと来なかったです。
3Mさんのミーティングソリューションとコラボしたり、ホワイトボード系取り揃えてくれたらテンション上がるんだけどな。
なごやかだけどオシャレなミーティングしたいよ~。 
b0310463_15104259.jpg
クリエイティブなノマドさん用のフロアも。椅子とか置いてあったので、本当にここで仕事してもいいのですかね。
b0310463_15104312.jpg
ビジネスラウンジもついてます。もちろんお値段は結構張るので、相当気合の入ったプレゼンとかで使う感じでしょうか。

b0310463_15104450.jpg
また、2階にはグリーティングカードなどが取り揃えられており、その場で書いて送れるようになっていました。
こういうサービスは素敵ですね。
絵手紙を書けるように画材レンタルとかもしてくれたらもっと素敵かもv
b0310463_15104465.jpg
寺田模型の建築模型用添景シリーズもありました。壮観です!
スラムダンクのシリーズとかあるんですね、知りませんでした!

要チェックや!

グリーティングカードは普通にきゅんときます。「ちゅ。」とかめっさ可愛いわ( *´艸`)
テラダモケイ 1/100グリ-ティングカード ちゅ。編
テラダモケイ
売り上げランキング: 1,078,020



文具の使い方が決まっている人はK.Itoya?

きゅんと来たものの、所謂普通のオフィスで使う付箋とかメモも見たかった私は消化不良…。
というわけでK.Itoyaの3階に移動~。
b0310463_15104504.jpg
これこれ、これですよ!
b0310463_15104539.jpg
定番品も変わったものも沢山~!
宝の山から選ぶのが楽しいですね♪
b0310463_15104613.jpg
冷静になってAmazonで調べたら安く買えたけど…。
宝の山から選ぶの楽しかったからいいんだ…(´・ω・`)


というわけでAmazonだとちょっとお安く買えるおすすめ付箋グッズ

いつもお世話になっている3Mさんのタスクリスト用付箋。
期限を書く欄がある、ただそれだけなんだけど、そのちょっとした時短が塵ツモだと3Mさんはご存じだ。
あと、強粘着なのでPCとかに貼り付けておけるのもよいです。

強粘着シリーズから、伝言ノート。所謂お電話メモですね。
電話メモが風に飛んでどっか行っちゃった~という悲劇を防ぎます。
日付だけじゃなくて時間も書けるようになるとさらに便利なんですけどね。

便利…とはちょっと違うけど、可愛かった&「ちょっとエコ」というキャッチコピーに惹かれた越前和紙の付箋。
ちょっと気分を変えたいときや、センスがいいふりをしたいときはこういうのに手を出します。

好きな文具を使って、サステナブルでクリエイティブでイノベーティブなビジネスパーソンを目指そう~!
…なんちゃって(;・∀・)

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2016-01-28 08:11 | 徒然

こじらせながらも楽しく生きてるプロジェクトファシリテーター♀の元気の種を語るブログです


by 香魚(あゆ)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る