【徒然考】not 会社員 , but ビジネスパーソン の仕事考

プロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

私にとっての仕事の定義

色々なプロジェクトをやっていると、それは趣味なの?仕事なの?みたいな局面があります。

例えば素敵な人と出会ったとき、この人とどんなワクワクすることができるだろう?と妄想が働く瞬間。
その段階ではまだ具体的なビジネススキームが見えているわけではなく、
単なる個人活動かもしれないし、ビジネスとしてやるかもしれない、全部あいまいな状態。
前者だとただの趣味で、後者だと仕事?

私自身の考えでは、いずれも「仕事」だと思っています。
巻き込む人の範囲や名乗る名前が違うだけで、
私が介在することで付加価値を生み出すというスキームには違いがないので。
「仕事」として挑んでいる、という表現が正しいかな。

倉貫さんのこのツイートはそんな私の仕事感にすんなり入ってきました。
付加価値を生むための想いを込めること、それが「仕事」の条件だと私は思います。

昔の上司が口癖のように言っていた、「言葉に魂を込めろ」。

「文筆業でもなんでもなくて、システムエンジニアなのに面白いの。」
…と当時は思っていましたが、9年たって同じことを思う不思議。


会社員じゃなくてプロジェクト立ち上げ屋

上記と少し似た話で、最近パラレルキャリア系の記事で
「会社員やりながら●●を~」みたいな表現にも違和感を感じることがあります。

会社員って結局なんやねん(´・ω・`)
会社に属することで働いています、というビジネスモデルの説明だけで
その人が何をできるのか「仕事」の紹介は何もないじゃん…、というモヤモヤ。

パラレルキャリアって、自分と言う商品・サービスをマルチチャネルで売る
ということに他ならないと思います。
だから、「会社員として●●を行い、ソロ活動で○○をしています」みたいな
自己紹介の方が適切だと思うし、自分の価値をきちんと分析できている人だなと感じます。

では、私は?と言うと、
会社員としてITコンサルタントやりつつ、
やっぱり新天地でもはたかくゲリラっぽくなりつつあったり…
それは「プロジェクト立ち上げ屋」で集約できるなという状態です。
つまり、「会社員として、個人として、●●をやっています」パターン。

もしくは、全部ひっくるめて「●●を武器にするビジネスパーソン」
…あ、これが一番しっくりくるかも。

自分は全部仕事という想いを込めてやる、という気合も込めて、
「プロジェクト立ち上げを武器にするビジネスパーソン」、
つまり、「プロジェクト立ち上げ屋」です。

そんな風に名乗っていきたいと思います。

もし共感いただけた方は、是非、「会社員」じゃない表現でご自身を表現してみてください。
そして一緒に武器磨きあいをしましょう~!

踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-03-12 15:28 | 働き方

こじらせながらも楽しく生きてるプロジェクトファシリテーター♀の元気の種を語るブログです


by 香魚(あゆ)
プロフィールを見る
更新通知を受け取る