【ファシリテーション】暗黙知が形式知になる気持ちよさを伝えるためにはどうしたらいいんだろうね

先日のエントリはぶっちゃけ過ぎたろうか…と思いつつ、
再びはたかくゲリラ/ファシリテーターの葛藤をぶちまける香魚です。

とにかく何かを生み出さない会議というものにイライラします。
いつだったか野村先生が「ファシリテーターのいない会議にはもはや耐えられない」
みたいなことを仰っていましたが本当にそう。
逆になんで皆この非生産性に気持ち悪さを感じないのか不思議で仕方がない。

「2時間半議論するといらいらするなー。怒りっぽくなる。」なんて言いながら
「皆さん意見がない」と笑う皆さん。
それを本当に「意見がない」と思っているのか不思議で仕方がない。

「短時間で建設的な意見が出ない」と「意見がない」のは違いますよね?

短時間で建設的な意見を出してもらいたいならそれなりの場の設計が必要で、
暗黙知が浮かびあがる瞬間を辛抱強く探し、
兆しを見つけたら拾い上げ、形式知へと導いていかなければいけない。

難しいけれど、だからこそ得られるものはとても大きい。
それができたときには、本当に気持ちいい。

やっぱり、皆さんその気持ちよさをご存じないのかなー。

…とここで独り言ちる私も、自分の場を安心・安全の場にできない落伍者ですな。

その瞬間の気持ちよさを感じてもらえるように、その瞬間を作りたいと思ってもらえるように
まずは自分の研鑽を積みまする。。。

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-12-21 23:27 | ファシリテーション

五感×事実で信頼のプロジェクトマネジメントを促進するプロジェクトファシリテーター/プロジェクト立ち上げ屋/フロネシス探求屋なF2層のブログです


by 香魚(あゆ)