見たことのない種、育てます

ayuhatty.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【LIFE SHIFT】高校生の頃の自分が今の自分を見たらどう思うだろう?

プロジェクト立ち上げ屋としてのキャリアを絶賛探索中の香魚です。
ストレングスファインダーのコーチングを受けてみたり 、改めてLIFE SHIFTを読みながら考えてみたり。

そんな中で、この言葉が胸に落ちてきました。

「20歳のときのあなたがいまのあなたを見たら、どう言うと思いますか?」

LIFE SHIFTでは逆に未来の自分から今を振り返る問いを投げかけてくれるのですが、その問いに行く前に過去の自分に戻ってみるのも面白いな…と感じたのです。
というのも、今、女子高生・女子大生によるプロジェクトチームのメンターをやっており、自分の女子高生時代とのギャップや類似点など色々感じる今日この頃。
まさにLIFE SHIFTの世界に生きる彼女たちと、20年前の自分…それぞれ今の私をどう見ているのかしら、と考えると冷や汗なのです(; ・`д・´)

また、折しも豊田真由子議員の話で中高一貫女子高⇒東大の学歴について良くも悪くも考えさせられるタイミングでもあります。


というわけで

b0310463_11463873.jpg

高校生の自分が抱いていた未来像と今のギャップ

高校生の頃の自分は(も)下手に賢しかった。
超一流にはなれなくても興味のある分野でそこそこ良いキャリアを描いていくんだ、と不遜なんだか謙虚なんだかよくわからない想像をしていました。

その時の前提は当たり前のように、
「大学で学んだことと直結する仕事をしている」
「最初に就職した会社でずっと働いていく」
「30歳くらいまでには結婚してる」
といったこと。

…大変、一個も実現していないぞ。

大学で学んでいたこと(土木工学)とか直結はしない仕事(システム開発)に進んで、必ず「なんで行政やゼネコンに行かなかったのですか?と聞かれるし。
最初に就職した会社では9年勤めた末に辞めているし。
親にOL進化論のタイトルが近づいてきたねって言われるし!(35歳で独身で…ってやつ)


高校生の自分が今の自分をどう思う?

そんな風にギャップありまくりなわけですが、じゃあ当時の私が今の自分を見たらどう思うのでしょうか。
思い描いていたことと違う自分にがっかりするのだろうか。

なんとなくだけど、がっかりではなくびっくりされる気がします。
「そんなこともできたんだね」と。

何せ当時は、吉野家の牛丼を食べるということが大冒険で、友達と連れ立ってドキドキとカウンターに座った女子高生。
(今にして思えばあれは自分が企画した初めてのプロジェクトだったかもしれないw)
そんな彼女から見ると、存在すら知らない世界に冒険に出かけているように感じると思うのです。
それゆえに、ひたすらびっくり。

そして今の私は、その彼女の驚きを少し小気味よく思います。
20年の間に世界も自分も変わっているのに、小賢しい彼女の予想シナリオの範疇にいる方がよほどつまらない。


20年後の自分への期待

であれば、20年後の自分も、今の自分が驚くような状態になっていたいとも思います。

そうなるためには、今どんな選択を、アクションをすればいいのでしょうか。
またしばし考えつつ、人生という冒険は続く。。。

なお、こういうことをつらつら考えたい人でまだお読みでない方は、是非一読をお勧めします♪



踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2017-06-25 20:04 | 人材育成、リーダーシップ

【鳥取カフェ記録】砂丘パレスでお茶を@レイガーデン oishii

全国横断カフェ巡りんに俺はなる!( *´艸`)
地方に行くのはカフェに行きたいのかお酒飲みたいのか…な香魚です。

出張があればできるだけ地元のカフェやご飯屋さんに行きたい、ってことで鳥取カフェも開拓しました!
それはもう貪欲に!

というわけで、砂丘ヨガ(下記記事参照)の後も得たパワーを定着させようとゆったりカフェでお茶を飲んできました♪

鳥取産のフルーツや美味しい牛乳を使った季節のシフォンケーキ!
このときはオレンジのシフォンケーキ。
甘酸っぱいさわやかさがヨガ後の体に染み入ります。。。
シフォンケーキって何故か体に良いスイーツという印象があるのですが、こちらはにじみ出る素材の良さから体に優しそう(*´ω`)

b0310463_16105790.jpg
鳥取砂丘というthe観光地の近くですが、オープンな雰囲気でゆったりお茶を楽しめる大人な雰囲気があります。
おしゃれなマダムたちが集っていそうな雰囲気。
b0310463_16105795.jpg
テラスでお茶をいただくのも気持ちよさそう…!
ただし山陰につきお天気は注意(; ・`д・´)
b0310463_16105895.jpg

レイガーデンカフェ / 鳥取市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.4


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

食べログ グルメブログランキング
by ayuhatty | 2017-06-20 22:51 | 食べ歩き

【カフェ記録】マンゴー好きとフレンチトースト好きは四の五の言わずに行っておけ@東京ステーションホテル oishii

通年至高のフレンチトーストを追い求めつつ、初夏は太陽の恵みたる完熟マンゴーの魅力にあらがえない香魚です。

美味しいフレンチトーストが食べたい。
だが、短い旬の果物も逃さず食べたい。

そんなわがままなスイーツハンターに優しい東京ステーションホテルの季節のフレンチトーストシリーズ。
春にはあまおうのフレンチトーストに悶絶させていただきました。


そしてなんと6月は宮崎完熟マンゴーのフレンチトーストとのこと…!

ちょっと、私、マンゴーには少しうるさくてよ( `ー´)ノ
あまおうには完敗を喫したけど、マンゴースイーツの品質ではそうはいかないんだからねっ(; ・`д・´)

…なんて思いつつ、早速行ってまいりました。

b0310463_09361349.jpg
負けたよ、完敗だ。。。

この美しいお姿からもう心震えるのは勿論。
マンゴー様をひとかけら口に含ませていただけば、その蠱惑的な甘みに耐え切れず、思わず目を閉じてしまう。

そしてマンゴー様としっとりと溶け合う温度にこしらえられたフレンチトースト様。

いや、これはフレンチトーストなのか?
これはもはやパンプディングというべきではないだろうか?
b0310463_09361494.jpg
マンゴーの香りをふんだんにまとったパンプディング。
表面はブリュレ風になっており、しっとりとパリッのコントラストが愛おしい。

素材の美味しさと繊細な手仕事の美味しさが一緒に襲ってきます。
一つずつ楽しむのは幸福、ハーモニーを楽しめば至福。

これはあれです。
都会育ちのご令嬢が、南国の別荘で野趣を覚え、生命の輝きと育ちの良さが混ざり合った唯一無二の魅力を放っている状態…!
私のような庶民には、神々しすぎて思わずあなたが存在することに感謝の祈りをささげずにはいられません。


夜のティータイムは穴場?

ステーションホテルのラウンジの雰囲気も、この至高の一品を味わう愉しみをさらに盛り立てます。
今回は夜のティータイムだったので、ハープの生演奏もありました。
まさに、五感で楽しむ時間。

前回あまおうのときは40分ほど並んだ記憶がありますが、今回夜の時間はすんなり入店できました。
夜にロビーラウンジを利用される方はあまりいないのかもしれませんね。
だとしたら、穴場ですね!


マンゴーフレンチトーストは6/30まで!

マンゴー好きとフレンチトースト好きはとりあえず行っておいて損はないです。
あと2週間ほどありますので、是非この至福を味わってみてください!!


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

食べログ グルメブログランキング
by ayuhatty | 2017-06-18 21:25 | 食べ歩き

【体験】ストレングスファインダーのコーチングを受けてみたら才能は目覚めるのか

自分らしい生き方とか働き方といったワードが美味しいごはんと同じくらい好きな香魚です。
(美味しいごはん大事!)

「自分らしい生き方・働き方をしよう!」ってリモートワークジャーニーをやったり、「好きや強みを大事にしよう!」みたいなマインドを持つ方法を一生懸命考えたりしています。

じゃあ自分はそれができているの?というと、「一生懸命考えている」んです。
つまり、絶賛TRY&ERROR中です…(; ・`д・´)


ストレングスファインダーを受けて、自分の「特徴的な資質」は多分これなんだろうということは理解したつもりではあるものの、今の自分は本当にそれを生かしきれているのだろうか?
そもそも、自分が考えている強みの解釈、生かし方は本当に適切なのだろうか?

ストレングスファインダーを受けてから、壁にぶち当たったときに原因と打開策を掘り下げていく切り口に「強み」が加わりました。
でも、一人で考えていても、なかなか自分自身のことって分からない。
また、ストレングスファインダーの強みの説明も若干抽象的で、「じゃあ、具体的な行動としてはどういう風に表れるの?」というところが分からず、それ故に腹に落ち切っていないところもありました。



悩むよりはプロに聞こう

b0310463_12484423.jpg
上位資質に「内省」があるだけにつらつら考えているのも好きなのですが、そろそろ一人で考えるべきことは考え切ったかもしれない。
そんなわけで、思い切ってストレングスファインダーを使ったコーチングを受けてみることにしました。

ところが、グーグル先生で「ストレングスファインダー コーチング」で調べてみると、<Gallup認定ストレングスコーチングの一覧>や<ストレングスコーチのなり方>は出てくるものの、コーチングを受ける方法は意外と出てきません…!

根気よく探していると、たまにコーチの方のブログなどがヒットします。
でも、なんとなくテンションが高そうに見える方(完全に写真と文章の印象です)だったりで、自分自身のことを安心して語れない予感がしてしまいました( ;∀;)

ああ、自分と合いそうなコーチに出会えるプラットフォームがほしい…。

なんて嘆きながらたどり着いたのが、橋本かおりさん。

女性で、コーチング→ストレングスファインダーの順で専門性を持たれていて、強みを生かしたキャリアカウンセリングをしてくださる。
この方なら安心して話せそう…!というところで、個人セッションを申し込みました。



コーチングの内容

私は34資質のコーチングをお願いしたので、「上位5資質の読み込み」「6~10位の資質と下位資質の読み込み」の2回に分けてセッションを実施いただきました。

方法はskypeまたは電話ということで、今回は電話で実施。
電話でのコーチングを受けるのは初めて(というか、お金を払ってコーチしてもらうことも初めて)で、初めは顔が見えない中で話すのは少し不安もありました。
けれど、途中で気づいたのが圧倒的な話しやすさ。
勿論コーチのお力が大きいと思うのですが、私にとっては<相手の顔色を見て話さずにすむ>ということが率直に自分を出して話すために効果的なように思いました。
これはひとつ発見!

また、「資質の読み込み」はギャラップ社の説明文を分かりやすく教えてくれるだけかと思っていたら、実際自分に当てはめてどうかということを問うていただけるので、自分ごとに落とし込んで理解を進めやすかったです。
さらに、自分で考えた解釈に対して、「今の部分はこういう強みも重ねて出ているように感じました」と、強みの専門家ならではの指摘をいただけるので大変参考になります。

特徴的な資質一つで「私」が形成されているのではなく、複数の資質が重なって一つ一つの判断や行動につながっている。

その観点に気づくと、自分自身の色々な迷いや行動に対する分析要素がどっと増えて、なんだか楽しくなってきました♪



受けてどうなった

コーチングを受けて、自分自身を改めて掘り下げて考えてみて、大きい変化は二つ。


一つは、ワクワクしたい気持ちを大事にしようと改めて思えたことです。

強みを意識しだしてから、色々な課外活動を始めたり転職したり、ワクワクすることに飛び込んできました。
でも、時に「ワクワクしたいなんて動機は愚かで、その行動は間違っているのかもしれない…」と恐れを抱いてしまうこともあるのが正直なところです。
特に最近は、そんな不安を抱えることも多くて。
けれど、今回改めて資質を見ていくと、上位資質のうち多くが「ワクワクしたい」「見たことのない世界を見たい」という気持ちにつながっていることに気づきます。

もう、これは仕方がない。これだけワクワクしたがっているならしょうがないじゃない。

…と、選びたい道の免罪符に使っているだけなのかもしれないけれど、それだけ選びたいのだということに気づいたと言えるかもしれません。


もう一つは、資質の組み合わせや自分にない資質への理解を深めることで、多様なケースへ対処できる可能性に気づいたことです。

今までどうしても抑えられない自分の衝動や恐れ、或いは理解できない他人の行動に、手を上げてしまうシーンが多々ありました。
でも、今回、少なくとも分析する武器を手に入れた。
多分、私にとってこれは大きくて、まだ手段があると思えることは諦めずにいることにつながるように思います。


とはいえ、本当にこの気づきを生かしていけるかはまだわかりません。
考えたことを踏まえて、実際にアクションしてみて、また考えていきたいと思います♪

とりあえず今ワクワクしていることは確かで、それが嬉しい週末でした!


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2017-06-17 19:48 | 人材育成、リーダーシップ

【地方活性化】鳥取のパワーを砂から空から海から取り入れる!砂丘ヨガでリトリート

女子はアラサーになるとヨガにハマりだす(香魚調べ)

若さと勢いでは乗り切れなくなった何かを補うべく、体内コントロールにいそしむ感じですかね。
勿論アラサーをとうに超えた私もやはりヨガを嗜む…というか、ちょっと齧っております。

齧っているだけで、とても本質にはたどり着かない私のヨガ経験ですが、そんなんでも楽しいし気持ちよく、なんか健康になっている気がするのがヨガのすごいところだと思います。

特に「気持ちよさ」「爽快感」を楽しめるのがアウトドアヨガ。
普段浴びない日光を浴びて光合成しつつのヨガは、細胞が元気になる感じがしてハマりかけています!

b0310463_16173744.jpg
というわけで、砂丘でもヨガしてみた!

折角なので鳥取でもアウトドアヨガしたいなーと思って調べていたら、砂丘でヨガができるとのこと。
すごいな鳥取砂丘。
ファットバイクにパラグライダーに、一大アクティビティワールドじゃないですか!

でもそんなに色々あったら集中できないんじゃないかな…(;´Д`)

b0310463_16173861.jpg
そんな心配はなかった(; ・`д・´)

砂丘の広さを甘く見ていました。
土曜の日中、観光客が集まっている時間帯でも広々ヨガできる広大さ。
パラグライダーが飛んでいるのは視界に映りますが、全然気になりません。
むしろ大きい鳥がいるな―空は広くて位大きいなーってなもんです。

b0310463_16173897.jpg
空と海の間で、インストラクターの先生のつま弾く音楽を聴きながら砂丘と一体化。
砂丘を形成する砂一粒一粒には、降り注ぐ太陽のパワー、砂が渡ってきた川のパワーが凝縮されている気がします。
そんな砂からパワーを吸い上げて、空に渡していく感じ。
アウトドアヨガは色々なところで体験できるけど、この壮大な感覚はここでしか感じられない気がします。
b0310463_16173983.jpg

地域リソースを掘り起こしていくパワー!

ヨガのプログラム自体が非常に満足度が高いものですが、このプログラムを運営されているインストラクターのエリコさんの自身の魅力も相成って、本当に沢山の元気を与えられるツアーでした。

砂丘ファットバイク(※下記参照)も砂丘ヨガも、地元の人が気づいていないリソースに目を向けてサービス化していらっしゃいます。
国立公園である砂丘内でのアクティビティは、許認可が必要であることなど参入障壁が高いもよう。
それでもそれを乗り越えて、サービスを営まれている原動力はその地域を愛する単純な愛なんだろうなあ。

アクティビティ参加を通して、そんな地域への愛のパワーも分けてもらえる気がします(*´ω`)
私も私なりの形で社会に貢献することでいただいたパワーを循環させたいと思います!
b0310463_16173976.jpg


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2017-06-11 07:52 | 旅行、散歩

【働き方】エンジニアの幸せについて本気出して寄り添ってみたい私と鳥取のエンジニアが脳のブレーキをぶっ壊す人を呼んだ話

どうも、システム開発業界の片隅にいるつもりのプロジェクト立ち上げ屋の香魚です。

とはいえ、正直に言って自分自身でプログラミングした経験ははるか昔。
システムエンジニアとして新卒採用いただいたけど、今ではとてもエンジニアとは名乗ることはできません。。。
でも、いやだからこそ、自分ができないモノを創って、一緒にコトを創ってくれるエンジニアの方を尊敬してやみません。

SIer時代は、エンジニア(や自分のようなエンジニアもどき)の働き方やキャリアプランについて漠然とした不満・不安を抱えていました。
今にして思えば、それがはたかくゲリラのスタート。
そして今も続く問いの世界。
エンジニアが価値を発揮できるチームで一緒に働きたい非エンジニアとして、その問いに寄り添いたいと考えています。

ということで、今一番関わっているエンジニア=株式会社LASSICのエンジニア@鳥取と一緒に、「エンジニアを一生の仕事にしたい夢を語る会」を開いてみました。
仕事について語るとき、つい足元から愚痴っぽく話してしまいがち。
でも、足元の話じゃない、自分の人生の経営の話として考えてほしい。
経営戦略を考えるように、夢を、ビジョンを考えるところから始めてほしい。
そんな気持ちを拙い問いに込めて。

そして足元を見ずに突き進むために脳のブレーキを壊してくれるインスピレーショントークは倉貫さん。
b0310463_19131752.jpg

エンジニア向けということで、がっつり語っていただきました。
リモートワークジャーニーで何回かお話は伺っていたけれど、数段濃い時間。

ナレッジワークとはどういう仕事であるべきか。
価値とは何か。
それを追求したビジネスモデル。
その品質を担保するための仕組みづくり。

これは組織の話であり、職業人の話であり、社会の変革の話でもある。

エンジニアの皆様のためにと言いつつ、結局私自身がまた思い切り学ばせていただく時間になりました(; ・`д・´)

自分自身のビジネスモデルを考え抜き、磨いていきたい。
そのための努力をもっともっとなすべきだ。

そう考えた鳥取の一日でした。

エンジニアの皆さまはどう感じられたでしょうか。
できれば、それぞれが感じたことを重ねて、そこからまたお互い刺激しあう場をつくっていきたいです。


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2017-06-05 23:12 | 働き方