見たことのない種、育てます

ayuhatty.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

【観劇雑感】ミュカラはやめられない

昨晩は職場の歓送迎会で、久々に二次会でカラオケに行きました。
さすがに空気読んで、趣味全開では歌えなかったので、ちょっとフラストレーションが残り…
ヒトカラしてきました。

b0310463_22433015.jpg
楽しかった!!!

「ダンスはやめられない」は歌っていて気持ち良いですがストレス溜まってるのかな。。。
「星から降る金」は会社と自分の関係に悩むビジネスパーソンに、「私だけに」は女性バブルに戸惑うビジネスパーソンにおすすめだと思います。
カラオケで人材育成とかどうでしょうね。




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2015-01-31 22:42 | 徒然

【皆大好きイタリアン】浦和のSOMETHINGでコスパ良ランチ

店舗情報
SOMETHING サムシング 浦和本店
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-1-5
b0310463_15441993.jpg
使った金額1,000円~1,999円
評価(星5つ)
大宮で用事があったので、たまには浦和を散歩してみよう、ということで毎週浦和のダンス教室に通っている相方のおすすめ、SOMETHINGでランチしてきました。

この辺りはアカシエを訪れる際によく通っていた筈なのですが、この店があることには気づきませんでした。
さりげなくおしゃれで良い雰囲気のお店です。

たっぷりサラダにピザかパスタ、ドリンクで1000円切る、ということでコスパもなかなか良いです。
私は昼酒が大好きなので、ワインもつけちゃいましたv
b0310463_15441630.jpg
鮮やかな野菜たっぷり!
瓶に入ったドレッシングもおしゃれです。
b0310463_15441714.jpg
ヤリイカとオクラと明太子のクリームピザ。
b0310463_15441796.jpg
オクラのネバネバとイカがよくあいます。
明太子もちょうど良いアクセントに感じました。
b0310463_15441854.jpg
小エビとほうれんそうのトマトソースのパスタ。
エビがたっぷり入っていて、エビ好きも大満足です。
b0310463_15441841.jpg
店内も広々としていて気持ちのよいお店でした。
浦和に来た時はまた行きたいな。


b0310463_15442039.jpg
ちなみに、uwaitoにも寄ってバースデーなラテアートをお願いしちゃいました♪
のんびり読書もできて、よい休日。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2015-01-31 13:04 | 食べ歩き

【仕事】働き方変革への道・アングラ活動家になりつつある

トップダウンの取組があまりにも気に入らない、というところから
トップダウンの企画を取り仕切る経営企画のメンバーと雑談をして
本音ベースで話ができるアンオフィシャルな意見交換会を開くことになりました。

…というと、何かすごくやかましい痛い人みたいですね。
実際は結構つつましやかな…筈…。

去年から実はこういう展開を狙って経企メンバーとのお近づきになることを狙っていたので
「計画通り!」ではあるのですが、実際に連絡をとったときはどきどきしました。。。
向こうにとっては自分の仕事に口を出すな!って感じに思われるのではないか、とか
小娘(という歳でもないが)が生意気な!なんて思われるのではないか、とか
最悪のパターンをいろいろ想像していたのですが
現場の意見をいろいろ聞きたい、と好意的に受け止めていただけてよかったです。

意見交換会を開くにあたり、何人か同志を集めようとしたのですが、
これが意外と難しく…。
目上の人物だと、やはり「余計なことしないで業務終えてはよ帰れ」と思われそうで躊躇われるし
同じくらいの年代の人でも「意識高い系~?」みたいに引かれてしまうと後の展開がやりづらいし。
結局、自分より後輩の中でしっかりと意見を持ってそう、かつ、
意見をいう人を笑わなそうなメンバーに声をかけました。
何だかんだ声をかけると皆「興味はある」という感じだったので、
避けてしまったメンバーでも成り立ったのかもしれません。

まあ、一度きりの開催で終わらせる気はないので、
二回目・三回目でその辺の人たちにも声をかけていければいいかな…。

とりあえずは一回目がいい場になるように、場のデザインを頑張りたいと思います!


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-01-30 00:41 | 仕事

【本】新しい社会の形、「シェアをデザインする」社会。

シェアをデザインする: 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場

猪熊 純,成瀬 友梨,布山陽介,林千晶,馬場正尊,三浦展,小林弘人,門脇 耕三,萩原 修,安藤美冬,島原万丈,関口正人,中村真広,田中陽明,ドミニク・チェン/学芸出版社

undefined

タイトルに興味をひかれて読み始めましたが、安藤美冬さんの「自分を消費してもらう」という考え方など
なかなか興味深い「シェア」の事例を多数知ることができました。

個人的に面白く思ったのは、ロフトワークスではPMBOKの勉強をしているということ。
そしてビジネスのシェアはフューチャーセッションにつながっていく、とも感じました。
ビジネス主体が目指すべき方向性を共有して、それぞれのリソースをシェアしていく、
そんな活動を促進するのはフューチャーセッションなのではないでしょうか。
雇用が流動化してシェアが進む社会ではプロジェクト遂行力やファシリテーション力はますます価値が高まるんでしょうね。

そして最終的には公共サービスのデザインというところに至るのは興味深かったです。
確かに、公共サービスはシェアの領域ですね。
それをどうデザインするか。未来の公共サービスを考えるワークショップとか参加してみたいです。



by ayuhatty | 2015-01-29 22:09 |

【カフェ記録】やっとみじんこのフレンチトーストに至れり!

店舗情報
自家焙煎珈琲 みじんこ
東京都文京区湯島2丁目9−10
b0310463_14681.jpg
評価(星5つ)
昨年フレンチトーストにはまってから、ずっと気になっていたみじんこに行ってきました。

実は年始にも一回挑戦したのですが、行列に断念していました。
今回は月一休暇を利用して平日の訪問。
これは余裕で入れるだろうと思いきや…並んでました。

何でも、フレンチトーストやパンケーキをいただくには14時以降に入店する必要があるらしく、それを狙った行列だったようです。

しばし行列に並んで入店。
モダンなインテリアの店内ではイケメンな店員さんと珈琲の香りが迎えてくれました。
b0310463_14583.jpg
そして楽しみにしていたフレンチトースト。
アパレイユがしっかり染み込んだ、ふわふわとろとろなフレンチトースト。
つまり、私好みなフレンチトースト。
b0310463_1465.jpg
ラムレーズンと柿のコンポートと組み合わせるというのも、大人の風味がプラスされて濃いコーヒーに合います…!

私の中のフレンチトーストランキング1位をあっさり勝ち取って行かれちゃいました。
b0310463_14753.jpg
キスマイの玉森くんに似てる店員さんが作ってくれるラテアートが気になってカフェラテも頼みました。
表面がキラキラしていて、とても綺麗です。

並ぶこと必死とか、難点はあるものの、フレンチトーストとコーヒーの美味しさは期待通り。
大満足な喫茶店でした♫


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

使った金額1,000円~1,999円

by ayuhatty | 2015-01-29 07:33 | 食べ歩き

【雑感】「意識高い」ってどういうこと?

ときどき気になる「アンチ意識高い系」記事。

自分もそういう風に見られているんじゃないか?という不安だったり、
頑張っている人を揶揄するような社会の同調圧力に対する違和感だったり、
色々なことを考えてしまうわけですが
そもそも「意識高い」ってどういうことなんだろう?とも思います。

「意識高い」というのは、本来は何かを成すという目的があって
その実現手段を得るために「意識を高く」持つということだと思っています。
目的のための手段であって、目的ではない。

一方で、「アンチ意識高い系」の記事等を参照するに、
歓迎されないのは「意識高い」という状態があたかも目的であるように捉えられているケースなのかな…と思います。

例えば、「意識高い人がたくさんいる環境で自分磨き!」なんて煽り文句があったとして、
その環境に身を置くことはその人以外にとってどんないいことがあるんでしょうか。
周囲に還元しないただの自己満足だったら、それに没頭していることは果たして「意識高い」ことなのか…。
マイルドヤンキーが地元に閉じこもっているのも、「意識高い」固定メンバーの中に閉じこもっているのも
あんまり差異はないのではないでしょうか。

…なんでこんなことをつらつら考えているかというと、
多分「意識高い系」に苦手意識を持ってしまう多くの人と
協働促進機会をつくることを実現したいと考えているから。

別に今頑張っている「意識高い」人たちも、今は何もしていない人も
マクロな視点で見れば何も変わらない。
高低の差なんてないんだよー…という認識を共有するところから、
機会を作っていけないかと考えています。


あと、個人的には、「意識高い人がたくさんいる環境」に身を置かなくても、
具体的に世の中の役に立つことを行っていける人の方が魅力的に感じます。
自分もそういう人間を目指したいものです。

まあなんでも、ほどよくが大事ってことですね。






by ayuhatty | 2015-01-28 01:36 | 徒然

【カフェ記録】誕生日モーニングはローダーデールでスフレを

店舗情報
ローダーデール(Lauderdale)
東京都港区六本木6-15-1 六本木ヒルズけやき坂テラス1F
b0310463_12452515.jpg
使った金額1,000円~1,999円
評価(星5つ)
誕生日の朝は早起きして、六本木ヒルズでモーニング。

…なんていうとおしゃれなんですけど、実は前日に携帯を忘れたお店に朝一で取りに行ったついで、なんですが。
まあ経緯は置いておいて、結果はとても良い時間が過ごせました。
b0310463_12452318.jpg
b0310463_12452336.jpg
天井高く、広々とした店内でテラスサイドで六本木の朝を眺めながらのゆっくりとした時間は非常に贅沢です。
b0310463_12452553.jpg
メニューも豊富。
パンケーキと悩んで、名物らしきスフレを選択しました。
b0310463_12452433.jpg
フレーバーはオレンジとベルガモットティ♪
b0310463_12452438.jpg
スプーンを入れると、素敵な朝にぴったりな爽やか且つ優雅な香りが広がります!
コーヒーはおかわり自由ですし、このゆったり感を考えるときコストパフォーマンスは良いと言えるんじゃないかな。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


by ayuhatty | 2015-01-26 09:45 | 食べ歩き

【本】イルカにコミュニケーションを習う「伝わっているか?」

伝わっているか?

小西利行/宣伝会議


32歳1冊目。

ファシリテーションを真剣に学び始めて、なお「きちんと伝わっているか?」「相手目線」を意識するようになってきたので、
自分の課題意識に合致するタイトルで思わず手に取り、さくっと読了。

ゲイのママが営む喫茶店に渋いイルカが現れて、コミュニケーションやビジネスに悩む人々の悩みを解決していくという物語を通して、
ターゲットを明確にして課題を解決していくノウハウを説明してくれています。
一つ一つは基本的なノウハウだけど、平易な言葉で語られることで、改めてその重要性に納得することができました。

特に13文字でYAHOOのヘッドラインに載るように語れ、とか
人に気にかけてもらえるメッセージの作り方は、昨日の「問いのデザイン」にも通じる考え方で
自分がこれからやろうとしている活動にも生かしていけるものでした。
やはり私は自分の言いたいことが出すぎて、伝わるメッセージを作る力が弱いことを再認識したので、
この本のノウハウを意識して取り組んでみます。。。

余談ですが、相方にちょっと内容を説明したところ、よりキャッチーなメッセージを提示してきてちょっと悔しかったです。。。
これがセンスの違いか。。。



にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-01-25 22:17 |

【ファシリテーション】問いのデザインと素晴らしき出会い

FAJ東京支部一月定例会「問いをデザインする技法を探る」に参加してきました。

プロジェクトの振り返り会や、働き方変革のランチミーティングなんかをやっていて、良いアウトプットが得られるかどうかは事前の準備によるところ、特に「問い」の設定に依るところが大きいなと感じていたので、どんな気づきを得られるか楽しみにしていました。

あまり事前勉強をせずに、東大の先生が話題提供者なんだー…くらいのつもりで行ったら、めちゃくちゃ若い先生でびっくりしました。
後輩が助教とかになっちゃう歳なんだと思うべきか、優秀な先生なんだーと思うべきか。

===

企業の新規事業検討などを含めたワークショップに多数取り組まれているということで、とてと興味深いお話でした。
ファシリテーションにはまずプログラムデザイン論が大事、ということを仰っていて、薄々感じていたことを言語化していただけた気持ちです。

その一部としての問いのデザインは、評価するスパンを意識して行うと効果的ではないか?というお話でした。
これは大変腹落ちしました。

長期的スパンの良い問いは、世のため人のためといった視点が欠かせない。
けれど、短期的スパンで見たときにそれは必ずしも心に響かないかもしれない。
だから、短期、中期、長期スパンの問いを織り交ぜてプログラムをデザインする。

これはまさに、私が皆に関心を持ってもらうため、巻き込むために乗り越えなければいけないことへのヒントになると思いました。

===

そしてもうひとつ、今日は嬉しい出会いがありました。
一緒にワークをやったグループで、テンションがとても心地よいなと感じた可愛らしい女性。
思い切ってナンパしたら、組織内ワークショップ実現に向けて、大学院に通ったり色々頑張りやさんだったんです。
そして野村先生の話やなんやで意気投合!

別の組織で、同じような課題意識で頑張っているなかまがこんなに嬉しいものだなんて思いませんでした。
これから、情報交換し合いながら、お互いの活動を頑張れたらいいな!

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2015-01-24 16:49 | ファシリテーション

【酒と肴と私】生粋でSE女子会話

店舗情報
生粋
東京都千代田区外神田6-14-7 2F
b0310463_10185164.jpeg
使った金額5,000円~6,999円
評価(星5つ)
ことしの目標の一つである、社内女性人材ネットワークの構築・活性化。
その第一弾として、自所属の若手女性陣との肉会を開催してきました!

単純に自分が肉食べたかっただけだろって?もちろんそれもありますが何か?
皆が楽しいが一番で、皆の中には自分が含まれる、がモットーです!

行ってきたのは、ちゅうつねグルメ部で皆さんが大絶賛しており、
いつか行ってみたいと思っていた「生粋」!
さすが食べログ4点以上、声をかけたメンバーからは
「食べログ4点以上のお店初めてです~!」とか「よく予約とれましたねー」とか
好評のお声をいただきました。
やはり会場設定大事ですねv
(でも次回以降のハードルが上がったような気も…)

===

さて、私の個人的な裏目的の話はまた別途まとめるとして、
この記事では肉がおいしかったお話を。

実はこの日、周期的に体調が悪くなるタイミングに当たってしまい、実は絶不調でした。
折角のお肉も楽しめないのでは…と不安だったのですが、
結論から言うと、いいお肉は体調が悪くてもおいしく味わえる。
おいしいお肉は本当においしい…ということを発見しました。
今まで自分は肉より魚派だと思っていたけれど、単純に肉の本気を知らなかっただけかもしれません。

いろいろつまみ食いもしてみたかったけど、やはりコースを選択。
b0310463_10181492.jpeg
「シャトーブリアン」の言葉に、皆さん色めき立ってくれました。
もちろん私も初めてなので、内心どきどきわくわくです。

===

b0310463_9374472.jpg
そして運ばれてきた赤身のお刺身。
…お肉って、きれいなんですね…。
皆うっとり見つめて写真を撮り合う、という不思議なテンション。
b0310463_9374466.jpg
甘くとろけるお肉。これが食べたかったんです…!
b0310463_9374568.jpg
そして念願のユッケ三種盛!
裏目的は隠して皆を誘うとき、「ユッケが食べたいんです!」と言って誘って回った通り、
食という意味での目的はこの生肉達がメインでした。
b0310463_9374592.jpg
普通のユッケ。お肉の甘さとユッケダレが絡み合って最高でした。
b0310463_937467.jpg
豆腐のユッケ。こくがあってまろやかー。
b0310463_937468.jpg
納豆ユッケ。これはいいコラボ。マグロ納豆とかおいしいですもんね。

どれもおいしかったけど、一番は普通のユッケかなー。

===

そして焼き物。
焼肉にはごはんでしょ!とここでご飯も投入しました。
こういうところで意気投合できるのはいいですね。

b0310463_9374797.jpg

きれいな豚肉は香ばしく焼いて、ネギみじんと一緒にいただきました。

\
b0310463_9374734.jpg
奥のツチノコ、は初めて食べた部位だったのですが、大変柔らかくて初めての食感に皆目を丸くしてしまいました。
そして手前のタンの美しいこと!
焼いて塩昆布と一緒にいただくという食べ方も含めて、私のツボをついてきました。
b0310463_937484.jpg
口の中で塩昆布の味がとけだしてきて、タンの美味しさを引き出していくんです。
タンの新しい可能性を知りました。。。
b0310463_9374994.jpg
ハツも、柔らかくてしっかり肉の味がして、いつもの焼肉屋さんとで食べるものとは全然違って感じました。
「肉がにくにくしい…!」ってそれだと意味が違うよ、な感想も飛び出すくらいの肉感!

===

そして皆の憧れ!シャトーブリアン。
b0310463_937501.jpg
このお店は一枚一枚店員さんが焼いてくれるので、皆が食べるタイミングはばらばらになるので
先に食べるメンバーを観察していたのですが、
口に含んだ瞬間に目を見開いて、それから味わうようにうっとりする表情に移り変わっていく…。
見ていて面白かったです。でも、たぶん私も同じ顔してました。
折り畳めるほど柔らかくて口の中でとけていくお肉を逃がさないように味わおうとすると、
そんな表情になります。。。
b0310463_9375052.jpg
シルクロースはごはんと一緒に。
個人的にはシャトーブリアンよりもこっちのほうが好きだったかも。
これも同じようにびっくりからの、うっとりです。。。
b0310463_10180972.jpeg
ミスジは出汁と一緒にさっぱりいただきます。
一口に焼肉といってもこれだけ多彩な楽しみ方があるんですね。
b0310463_10180073.jpeg
最後はザブトンのすき焼き。
卵好きとしては、大好きな食べ方です!
やっぱり甘くておいしいお肉と卵のハーモニーは最高ですね。

===

お肉のあとはそうめんとデザート。
デザートのかき氷はほうじ茶をえらびました。
人数分盛られて供されるので、なかなか壮観なビジュアルです。
b0310463_10174780.jpeg
ほうじ茶のさっぱりとした味わいとふわふわとした食感に皆色めき立ってました。
デザートに盛り上がれるのも女子会のいいところですね。

===

普段はコースよりもアラカルト派なのですが、5000円でこれだけ色々な食べ方ができるので大満足でした。
肉初心者には断然コースがおすすめですv

裏目的の方は体調もあり少し振るわないところもあったけれど、
それでも、おいしいものを共有することで新しい関係性ができたとは思います。
おいしいものの力は偉大。

ということで、さて、次はどこに行こうかなー。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2015-01-24 09:33 | 食べ歩き