見たことのない種、育てます

ayuhatty.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ちゅうつね活動( 5 )

【ちゅうつね】卒業しました。

12月の中旬体調を崩しまして、安藤美冬さんのセミナーは自宅で視聴しておりました。
で、体調管理ができていなかったことも踏まえて、改めて3年スパンの目標を考えてみました。

基本は8月の課題で考えた方向性ではあるのですが、
少しスコープが変わっていたことに気が付きました。
新規ソリューションをとことん考える機会をいただいたり、
FAJという組織、ファシリテーションの力に出会ったり、
ちゅうつねのお茶会部や働き方研究部で色々な人に出会ったり、
この4か月ちょっとでも引っかかったものはとりあえずインプットしてきた結果、
自分の中で軸としたい部分が見えてきたが故の変化、なのだと思います。

社会とか組織とか、そういったものに働きかけることに向き合いたい。
今の私の興味は個人よりもそういった集団に向いていました。
そして、その目的の実現に学びたいことがたくさんあることにも、改めて気が付きました。
ちゅうつねはとても面白い「場」ですが、あくまで「個人」の力を高める「場」で
組織を考える「場」ではないと思っています。
だから、今の私の中では優先度を下げるべき…ということで、卒業することにしました。

もちろん、「個人」が集まって「組織」「社会」になるので、
多様な個人に触れ合え、個人の力を鍛えられるちゅうつねの「場」は
私の目標にもつながっていくもの。
私のキャパシティがもっと大きければ、両方のアプローチで学んでいけるのでしょうが
いかんせんキャパシティ不足で体調崩す始末なので、選択と集中することにしました。

グルメ部とか、私自身が個人として関心があるものや、多様な人的ネットワークには未練があるんですけどね。
今後は、違う形でそれを実現していけたらいいかな、と思います。


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2014-12-30 22:37 | ちゅうつね活動

【#ちゅうつね 】勤労感謝の日に「働く」を考える

連休中日、勤労感謝の日は、ちゅうつね働き方研究部の定例会に参加してきました。

ヒカリエにあるおしゃれなシェアオフィスのミーティングスペースへ。
b0310463_19243560.jpg


ざっくばらんに話をするところから始まり、今後の働き方研究部のメイン活動になりそうな「働き方インタビュー」の話題を中心にディスカッションしていきました。
ほわっと働き方を語りたい、と思っている人がいたら申し訳なかったのだけど、基本的にWANTがある人が優先だと思うので、強いWANTを応援させていただきました。

インタビューしたい軸として上がった「増職」というキーワードは、私も是非実例をうかがって課題や苦労をどう乗り越えたのかを伺ってみたいと思いました。

今後の動きが楽しみなプロジェクトです。

===

一方で、個人的な課題がひとつ。

ざっくばらんに話す、ということと、話し合いを促進させるということの両立ができていない気がします。
話をまとめようとするとざっくばらん感が薄れるというか…。

皆さんの自由な発言を奪っているのではないか?と自問自答。

単純に発散が下手、ということなのかもしれません。
皆がのびのびと、気持ち良く、でも中身のある時間を過ごすにはどう振る舞えばいいのか…ということを考えていきたいです。

===

その後、参加者皆でTOKYO WORK DESIGN WEEKの企画展を見てきました。
b0310463_19243783.jpg


こんな面白いイベントがあるなんて知らなかったのですが、働くということに色々な切り口で考えさせられる、とてもよいイベントでした。
ワークショップにも参加して見たかった…。

そしてそこでイノベーション東北の説明を受けました。
b0310463_19243585.jpg

b0310463_19243611.jpg


いわゆるプロボノだと思うのですが、Googleがプラットフォームを提供することで、より身近に支えあいを実現していけそうな仕組みだと思いました。

と、いうわけで登録しちゃいました!
b0310463_1924378.jpg


プロジェクトマネジメント、ファシリテーション、といったテーマでお役に立てたらいいなと思います!


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2014-11-23 16:30 | ちゅうつね活動

【#ちゅうつねお茶会部 】ファシリテーションを学ぶ会をファシリテートしてみた

一回ちゃんとファシリテーションを学んでみよう、と思ってFAJのファシリテーション基礎講座を受けに行ってから、一月半。
定例会の参加やアフターミーティングなど、FAJの場を通して学んだ他、勤め先でも自身がリーダーを務める開発プロジェクトの他、委員会活動や研修のチームワークなどでファシリテーションを実践してきました。
(実践…というより、トライアンドエラーですけどね)

そんなタイミングで、ファシリテーションの考え方を紹介する機会をいただいちゃいました。

機会をくれたのは、ちゅうつねお茶会部の陽子さん。

甚だ恐縮ではありますが、自分がわかっていることだけでもお伝えして、それがきっかけで色々な組織活動が豊かになったら嬉しいですし、お話しすることで自分の理解も深まるだろう、ということで
チャレンジさせていただきました。

===

参加者は陽子さん含めて五人。
皆さんとても興味を持ってくださっていて、事前知識が欲しいと言ってくださったので、堀先生の本を紹介させていただきました。

b0310463_21255192.jpg

今すぐできる! ファシリテーション (PHPビジネス新書)


この本を選んだのは、基本的な要素が簡単にまとめられていることと、ちょっと試してみようかな、と思えるテクニックが沢山盛り込まれているから。
ファシリテーションで大事なのはスキルじゃなくてマインドだと思いますが、そのマインドが挫けないようにするには、小さな成功を積み重ねることが大事だと考えています。
自分でも、とりあえずここから、という目標を置いてトライアンドエラーしているので、そんな目標のカタログに使えるかな?という気持ちで課題図書にさせていただきました。

===

後に会社で勉強会するのにも使えるかなーと、簡単なスライドも用意。
最初はそれに沿って説明していくつもりでしたが、さすがちゅうつねメンバーの皆さんはしっかり予習してくださっていたので、実際の皆さんの課題に沿って掘り下げるようにしてみました。

反応があると、それに答えようとして自分の中から色々な言葉が出てきて、答えながら「あ、こういうことだったんだ!」と自己学習してました。
逆に自分の中で腹落ちできていないところは、歯切れが悪くなってしまって、もっと勉強しないとな…と、反省です。

===

目標を持って帰ってもらう為には、「まず、やってみる」の第一歩を踏んでもらうことが必要だと思ったので、短い時間でしたがワークもやってもらいました。
アイスブレイクの時間も十分にとれない中でワークをして、皆に価値ある時間にできるかは不安でしたが、ちゅうつね、という共通点があるメンバーなので、何とかなるかなーと。
お茶会部に二回参加して、陽子さんの場作り力を信頼してた、というのもあります♫

実際、さすが行動野郎揃いのちゅうつねメンバー、積極的なファシリテーションやファシリテーショングラフィックに挑んでくれました。
テーマは鉄板の、これ。
b0310463_21255290.jpg

b0310463_21255331.jpg

b0310463_21255325.jpg

短い時間だったので消化不良のところが多かったと思いますが、やってみる楽しさを感じていただけたら嬉しいなと思います。

もうちょい時間をかけて、いい議論ができた気持ちよさまで味わってもらえるようなプログラムを作れたらいいんですけどね。
そのうち会社で勉強会するときは、そんなところまで挑戦してみたいです!


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
by ayuhatty | 2014-11-09 17:01 | ちゅうつね活動

【#ちゅうつねお茶会部 】真剣アラサーしゃべり場

今日はFAJでファシリテーショングラフィックのトレーニングをしてからの、
ちゅうつねお茶会部のお茶会に参加してきました。
ファシグラでも色々考えることがあったり、ワーク疲れもあったのですが、
予想以上にお茶会でも非常に濃い議論に出会い、ついペンを握らせていただいてしまいました。

というのも、ディスカッションのテーマが
「ちゅうつねの8900円は何に対する投資と捉えているか?」と
「夢ってありますか?」など
誰にとっても身近なテーマ、かつ、
私が今取り組んでいる「働き方の変革」にもつながってくるテーマで
主催の陽子さんを中心に皆さんがとても率直に意見を語っていて、
とても熱の入った議論が繰り広げられていたのです。
(多分、ちゅうつねメンバーという共通性や、
 3か月活動してきたことで「場」が形成されていたんだと思います。)

一人一人の言葉が、皆の中で共有されているのを感じたので、
少しでもそれを促進したいと思い、
「発言者から発言を切り離し、場の皆で共有する」というプロセスに挑戦させていただきました。
b0310463_1492037.jpg

目的が果たせていたかは疑問ですが、
いい議論をファシグラする経験を詰めて、いい修行になりました…!

===

さて、ファシグラ挑戦しつつも、私も熱い議論に参加させていただきまして、
自分にとってのちゅうつねの価値、を改めて考えさせられました。
(これはまた改めて掘り下げたい。)

お茶会の間はまとまりませんでしたが、
ちゅうつねで得られる価値の一つ、人脈は
「消費」だけでなく「付加価値をつけて」「与える」ことができる人脈なのかと思います。

よい情報を得ようと思ったら、まず自分が発信しなければ、というお話もありましたが、
基本的に皆さん「与える」マインドを持ってらっしゃる方々だと感じています。
そんなメンバーが課題を通して「与える」ことを実践して、
どんどん「与える」ことに慣れていっているのが今のフェーズなのではないかしら。
「与える」ことに慣れたら、そこに段々と「付加価値」を付けるようになっていく人もいる、と。

で、ちゅうつねにそれを求めるということは、リアルの周囲では
「与える」ことを行う人が少ないのかもしれません。
だから、第2フェーズは、「与える」ことが自然とできるようになったちゅうねメンバーが、
周囲にどんどん働きかけていくことで、周囲を変革していくフェーズになるのではないでしょうか。
それは起業の人もいれば、小さな業務改善なのかもしれませんが、
今の「自分の中によいサイクルを起こす」からの発展は必要だろうな…なんて、勝手に思っています。

===

また、「夢」というテーマは、大好きなテーマなので結構語ってしまいました。

私自身、ちょっと前に転職を考えて、50代くらいまでのビジョンを考えるまで
「今」しか考えられなくて大きな「夢」なんて見えていないと思っていました。

でも、50代までのキャリアプランを考えたり、ちゅうつねに入って活動したり、
ファシリテーションに出会って色々勉強したりする中で、
段々と自分が生涯かけて成し遂げたいことが見えてきました。

…ていうと、新しいアイディアがぽんと出てきたように思えますが、
実際には今まで考えてきたことの延長線、もっと言えば高校生のころに考えていたこととつながっていたんです。
最近研修で講師の先生に聞いた言葉を借りると、
小志を積み重ねてきたことが、いろいろな活動を経て大志を形作ったのかな、と思っています。

今日皆さんの「夢」の話を聞いていて、
この小志⇒大志のイメージは大事だなと思ったのでご紹介させていただきました。
(っていうので、研修が自分の身になってると実感できたのもうれしかったです。)

===

そんな、熱い議論をしつつ。ティーインストラクターの資格を持っているメンバーが
入れてくれた美味しいお茶をいただきましたv
b0310463_23583147.jpeg
レモンの代わりにオレンジを使ってくださって、とてもいい香りでした~。
美味しい紅茶はほっとしますね。
b0310463_23584488.jpeg
そして美味しい紅茶の入れ方講座まで実施いただき、実のあるお茶会でした。
個人的にはティーバッグを使用した美味しいお茶の入れ方が大きな収穫。さっそく試してみたい!

===

…というわけで、まったりお茶を楽しみながら、がっつり議論、という
とてもちゅうつねらしい活動でしたv
次の参加は初の講師枠なので、ちょっと緊張しますが、またいい時間になるよう頑張ります~!


にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

by ayuhatty | 2014-10-26 01:25 | ちゅうつね活動

【生活に彩を】ちゅうつねお茶会でスムージー作ってきました

一週間前になりますが、ちゅうつねカレッジの分科会、お茶会部の企画で皆でスムージーを作ろうお茶会に参加しました。

b0310463_20552230.jpg


会場は渋谷のシェアオフィス。
シェアオフィスというものに初めて足を踏み入れたので、その快適さに感動しきりでした。
これは生産性高まる〜ときょろきょろしちゃいました。
少しでもうちの会社にも取り入れられないかしら…。

b0310463_20552332.jpg


そして始まるスムージー作り。
レシピを教えてくださったさかみさんはSEやりながら料理教室をなさっている素敵な先生でした。
リンク先はさかみさんのブログです。)

こんなに沢山の野菜、普段は中々消費できないので、この見た目だけで大興奮でした。

ざくざく切って…

b0310463_20552360.jpg


ミキサーかけて…

b0310463_20552476.jpg


あっという間に完成!
思ったよりもずっと簡単でした。
といっても、不器用な私には毎朝の作業としては難易度高いのですが、それでも週一、二でもチャレンジしようかなと思える気軽さです。

何より、美味しいのです。
実はトマトジュースが苦手なのでトマトのスムージーはイマイチかも…と不安だったのですが、すっきりとしていて飲みやすく、何の問題もなく飲み干せちゃいました。
バナナや梨が入って甘みが多い方も、不自然な甘さじゃなくて、とても自然に美味しさと栄養が染み渡る感じでした。

b0310463_20552577.jpg



スムージーを飲みながら、さかみさんから食事の大切さについてお話しを聞きました。
幸せを感じるには、胃腸の中の善玉菌をよく育てる必要があるとのこと。
…私、ちょっと善玉菌不足してる気がするので、頑張って育てます!

周りを含めて、健康で文化的な生活を過ごそう、というのが今の私の目標なので、
自分の食に気をつけつつ、その姿勢を発信していくことで周りの皆の善玉菌を増やしていけたらいいなと思いました。


色々な発見があり、素晴らしい時間でした。
主催者の陽子さん、さかみさん、他参加者の皆さん、楽しい時間をありがとうございます。

また素敵なお茶会に参加したいです♫

by ayuhatty | 2014-10-05 20:17 | ちゅうつね活動