【漫画】千歳ヲチコチ8巻読了~理解者を得て強くしなやかに生きる姫に萌える

心ときめく漫画読み漁り隊の香魚です。

先日、好きな漫画の最終巻を読んだら「好き」と「気づき」で構成されていてきゅんきゅんしてしまいました( *´艸`)

虫愛づるちょっと変わった姫君とおっとり公達の平安恋絵巻。

と言いつつ、濃い脇キャラクターたちの活躍もとても楽しい世界で、
既刊はくすくす笑い8割、萌えにまにま2割くらいの割合でした。
今回はさすが最終巻、萌えに満ちてました!

b0310463_22554589.jpg
チコちゃん(ヒロイン)は上記通りちょっと変わった「好き」を持った姫君ですが、そんな彼女の感性を理解してくれる亨くん(ヒーロー)と出会って、世界を広げていくストーリーは、「ありのままで」というニーズを感じさせますね。

是非二人の出会いから読んでみてください。きゅんきゅんしますから( *´艸`)



時代物で、ちょっと変わったお姫様が「そのままの自分」を認めてくれるヒーローと出会うといえば一清&千沙姫シリーズもお勧めです。


「この姫でいいのです。この姫がいいのです。」

とか、やっぱりきゅんきゅんしたなあ~。

そしてこの千沙姫も、「わがまま」という自分をつらぬきながら一清さまと大事なものを守るため世界を広げていくんですよね。
一清さまもそんな千沙姫の影響を受けて、自分らしさを選択して、自分の国をデザインしていく…。

今の忙しさの中で「わがまま」や「好き」に向き合うことを忘れがちな私たちに、チコちゃんや千沙姫の姿はとても素敵に見えます。
それはちょうど、亨くんや一清さまの視点なのかもしれません。

「わがままに 我がままに生きる事 いつの間にやめてしまったんだろう。
 この姫は空も土もなにもかもが澄みきっていた幼い頃を思い出させるのだ。」


踊る魚に餌をぽちっといただけるともっと踊ります♪(*'ω'*)

by ayuhatty | 2016-05-11 22:54 |

ITコンサル/プロジェクト立ち上げ屋/ファシリテーターの冒険の記録です。”多様な「自分らしさ」を生かすことによる「持続可能性」の追求”という個人テーマの追求を目指して試行錯誤。


by 香魚(あゆ)